fake_turbo

チューンナップしたターボ車がアクセルオフした時に『プシューン』という音が鳴るのを聞いたことはありますでしょうか?

ターボというのはエンジンの排気を利用してタービンを回し、空気を圧縮してより酸素量の多い混合気をエンジンルームに送り込むようにしている機構です。
が、アクセルを抜いた時、その混合気の行き場がなくなってしまい、ターボが正常に働かなくなったり場合によっては破損する可能性もあるので、アクセルオフの状態ではその混合気を逃がす必要があるんです。

そのために取り付けられる装置がブローオフ・バルブで、それが作動した時の音があの『プシューン』という音なんですね。
いわばハイパワーターボ車の証のような音です。
blowoff


僕のプレリュードはVTECでノンターボなので、チューンナップしたとしてもブローオフ・バルブの音は出ないんですよね。
もちろん後付けでターボ化するボルト・オン・ターボという手もあるわけですけど、基本的にVTECは高精細なエンジンで、ターボ化するのはかなり難しいとも言われていますし、する気もないんですよね。

ですけど、そんなノン・ターボ車をまるでハイパワーターボ車みたいにするキットというのがあります。
それが今日の画像の商品です。

これを自分の車に取り付けると、アクセルオフの時にブローオフ・バルブの音が鳴るという商品です。
音だけですから、これをつけても車のパワーは上がりませんし、燃費も悪くなりません。
ただ何となくターボチューンした車に乗っている気分になれるというだけの商品です。

でもこれ、アクセルオフを感知するスイッチをアクセルに取り付けなくてはいけませんから、プレリュードみたいなシーケンシャルの車ではあんまり意味がないかもしれませんね。
むしろマニュアルのプレオの方がうまく作動する気がします。

では、プレリュードではなくプレオをターボ風にしてみますかね。
軽自動車がシフトアップする時にハイパワーターボ風のブローオフの音がしたらかなり面白いかもしれません。
しかも僕のプレオはスーパーチャージャーではなくNAなのでパワーもなく加速は悪いですから、余計に面白いかもしれません。

アマゾンで送料込み1800円くらいで売っていますし。


☆★☆ Information ☆★☆

【ライヴ情報】

★安城七夕まつり
日時:2018年8月4日 16時〜
場所:JR安城駅前ステージ(安城駅のデッキの下の大ステージ)
地図
(UFJ銀行の前、地図上でちょうど『南口』と書かれているあたりです)
観覧無料

ぜひ、真夏に七夕まつりと僕の歌を楽しんで行ってください!


【新譜情報】

【Portrait - Acappella - 】
acappella

発売日:2017年6月28日
収録曲数:12
価格:2500円

【Portrait - Vocodacappella - 】
vocodacappella

発売日:2017年6月28日
収録曲数:12
価格:2500円

Amazon

Google Play

インテルメッツォ Yahoo!店へ

You Tube プロモーションビデオへ

【お知らせ】
shaoku
この度、株式会社インテルメッツォは新社屋を完成しました。
これも偏に僕の音楽を支持してくださる皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。

インテルメッツォのホームページにて社屋の内部を公開していますので、ぜひともご覧ください。
下記URLのインテルメッツォのホームボタンのトップ、一番上の今日のブログの写真と同じ『新社屋完成』と言うバナーをクリックしていただければ、社内の様子を写真で公開したページをご覧いただけます。

インテルメッツォ ホームページへ