DSC_1952

このプラモデルを買った一つの理由に、この車用の塗料がまだ自宅にあったから、と言うのがあったわけですが、その塗料をいよいよ使う事になりました。

DSC_1963

ボディーの塗装はいつものごとくクラフトボスのペットボトルのキャップの部分に丸めたマスキングテープでボディーを貼り付けて行いました。
この塗装台が非常に使いやすいんですよね。
前回のHONDA Zの塗装でミカン色っぽくなっていたボスのペットボトル、今回で黒くなりました。

僕の車の色は『ファントムグレーパール』と言って、グレーの一種なんですが、非常に黒っぽい色でしかもパールですのでキラキラしてきれいな色だったんですよね。
その色を再現すべく、慎重に塗装しました。

パールやメタリック系の塗装って案外難しくって、塗料の中に入っているパールとかメタリックを均一に吹き付けるのが本当に大変なんです。
ムラになっていないことを確認しつつ一律に吹き付けました。

DSC_1996

ボディーの塗料が乾くまで、他の部分の塗装をして待っていました。
結構厄介だなと思っていたのがリア・コンビネーションランプの塗装です。
ストップランプとウィンカー、バックランプを綺麗に塗り分けないと、その境界線がぐにゃぐにゃしたりするとカッコ悪いので、これも結構気を付けて慎重にやりました。

大体イメージ通りになりました。

DSC_1975

DSC_1976

ボディーはただファントムグレーパールで塗っただけでは綺麗に発色しないので、クリアを吹かなければいけませんが、その前に窓枠やサイドステップ、フロントリップに泥除けなど、真っ黒に塗装するところをマスキングして塗り分けます。

DSC_1977

まぁまぁ繊細な塗り分けだったんですけど、大体イメージ通りにできました。

一番気を遣ったのがホンダのロゴと『Prelude』のエンブレムの塗り分けです。
これに関してはデカールも付属していたんですけど、それを使うよりはボディーに刻印されているエンブレムをシルバーに塗ったほうが本物らしくなるだろうと思ってそうすることにしました。

DSC_1994

DSC_1995

かなり繊細な塗り分けでしたけど、これもイメージ通りになったと思います。

最後にボディー全体にクリアを吹いてボディーは完成ですけど、今回はクリアを塗ってから研ぐのではなく、クリアを厚塗りして艶を出すことにしました。
そのほうがより自然な光沢になりますからね。

と言うところで、今回はここまでです。


☆★☆ Information ☆★☆

【新譜情報】

【Portrait - Acappella - 】
acappella

発売日:2017年6月28日
収録曲数:12
価格:2500円

【Portrait - Vocodacappella - 】
vocodacappella

発売日:2017年6月28日
収録曲数:12
価格:2500円

Amazon

Google Play

インテルメッツォ Yahoo!店へ

You Tube プロモーションビデオへ

【お知らせ】
shaoku
この度、株式会社インテルメッツォは新社屋を完成しました。
これも偏に僕の音楽を支持してくださる皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。

インテルメッツォのホームページにて社屋の内部を公開していますので、ぜひともご覧ください。
下記URLのインテルメッツォのホームボタンのトップ、一番上の今日のブログの写真と同じ『新社屋完成』と言うバナーをクリックしていただければ、社内の様子を写真で公開したページをご覧いただけます。

インテルメッツォ ホームページへ

お近くへお越しの際はぜひともお立ち寄りください。
その際はe-mailにてご連絡くださると助かります。