DSC_1952

先日買い物に行ったとき、目に留まって思わず買ってしまいました。
HONDA Prelude Si VTECのプラモデルです。

実はこの車、僕が免許を取って初めて買った車です。
実際は僕が買ったのはこれの一つ下のグレード『Si』でしたので、VTECではない160PSのバージョンでしたけど、見た目はほぼ同じなので僕の車みたいなものです。
当時、僕の財力では最上位グレードのSi VTECは買えなかったんですよね。

それでも3ナンバーの大柄なボディーと先進的な内装、ホンダらしい直列4気筒DOHCのエンジンサウンドは心地よくて大満足の車でした。
もちろんリアスポイラーも付いていましたし、2つのリアシートの間にあるスペースに10連奏のCDチェンジャーも入れていて、非常に快適でした。

更に実はこのプラモデル、僕がこれを買ったころに僕の父が買って作ってくれたものでもありました。
大学の長期休暇で帰省した時にリビングにこれの完成品が置かれていて、父が『街で見かけて何となく気になって買ってしまった』と言う事で買って作った物でした。

それもまだ残してあるんですが、せっかく見つけたことだしぜひ自分でも作ってみようと思って買ってきたんです。

DSC_1954

DSC_1955

これを作ろうと思ったもう一つの原因が、実はまだこの車の塗料が未使用で自宅に残っていたからです。
もう車はないのに塗料だけが残っていて、使い道がないのでプラモデルの塗装に使おうと思ったんですね。

DSC_1953

DSC_1958

と言う訳で蓋を開けてみると、さすがに1/32オーナーズクラブとは全然違って、部品点数もそれなりに多いです。
が、田宮の1/24スケールの車のモデルに比べるとかなり少ないとも言えます。
田宮はエンジンまで再現してあるものが多いですからね。
ぜひとも田宮に今の僕のプレリュードを再現してもらいたいところですが、マイナー車ですので難しいでしょうね。

DSC_1959

DSC_1961

DSC_1962

まずはシャーシやサスペンション、マフラーなどの下回りの塗装です。
フラットブラック(つや消し黒)で一気に塗装します。
シルバーにしたい部分は黒くしたところをマスキングテープでマスキングしてシルバーを吹き付けます。

良い感じに塗り分けられました。
DSC_1965

DSC_1966


DSC_1968

DSC_1969

DSC_1970

タイヤやホイール、見ているだけで懐かしいですね。
この車は途中で何度かマイナーチェンジをしているんですが、このホイールはまさに僕の車についていたホイールです。

このモデルはリアタイヤも曲がる4WSを再現してあっていい感じなんですけど、僕が乗っていたプレリュードは2WSだったんですよね。
そこもちょっと違う点ですけどまぁ良いです。

とりあえず今日はここまでです。
DSC_1971



☆★☆ Information ☆★☆

【新譜情報】

【Portrait - Acappella - 】
acappella

発売日:2017年6月28日
収録曲数:12
価格:2500円

【Portrait - Vocodacappella - 】
vocodacappella

発売日:2017年6月28日
収録曲数:12
価格:2500円

Amazon

Google Play

インテルメッツォ Yahoo!店へ

You Tube プロモーションビデオへ

【お知らせ】
shaoku
この度、株式会社インテルメッツォは新社屋を完成しました。
これも偏に僕の音楽を支持してくださる皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。

インテルメッツォのホームページにて社屋の内部を公開していますので、ぜひともご覧ください。
下記URLのインテルメッツォのホームボタンのトップ、一番上の今日のブログの写真と同じ『新社屋完成』と言うバナーをクリックしていただければ、社内の様子を写真で公開したページをご覧いただけます。

インテルメッツォ ホームページへ

お近くへお越しの際はぜひともお立ち寄りください。
その際はe-mailにてご連絡くださると助かります。