Groovy Days

シンガーソングライター 柳生伸也のブログ。

2013年09月

いつまでも君の

sputnik

9月28日、ライヴ会場のICメイツからの帰り道、郊外のバイパスを走っているときにふとフロントグラスのずっと向こうの夜空に目を向けると、満天の星空でした。
ちょうど街と街の間の道で、その先は道端の街灯以外に街明かりの無い暗い場所でしたので、空が本当に暗くて、弱い光の星も綺麗に見えていました。
本当に良い天気の一日で、空も澄んでいましたから。

それに気付いた場所の少し先に休憩所があったので、ちょっと寄って空を眺めようかとも思いましたが、少し疲れていましたので止めました。
今考えてみれば、ほんの5分でも休憩して空を眺めた方が疲れが癒えたかも知れません。

さて、そろそろ次回の番組を作ろうと思いますので、番組へのメッセージのテーマについてです。

次回は10月4日です。
この日は世界初の人工衛星『スプートニク1号』が打ち上げられた日で、それから一週間が世界宇宙週間です。

秋の夜長は、読書も良いですけど、天体観測も良いですね。

10月の中旬には、日没後すぐの西の空で一番明るく光り輝く金星とさそり座のアンタレスが大接近して見られますので、ぜひ見てみてください。

夜に星空を眺めていると、ふと懐かしい事が心に浮かんでくる事もありそうです。

と言うわけで、次回は

『いつまでも君の引力の中で』

と言うテーマで、あなたが捨てられない物に付いて書いてみてください。

あて先は

yagyu_shinya@yahoo.co.jp

です。

ホームページの『Radio』のページのメールリンクからメッセージしてもらえれば、あて先もタイトルも設定されます。

もちろん、テーマ以外の内容も大歓迎です。

あなたのメッセージ、お待ちしています!

不思議な壊れ方

P1000803

昨日、名古屋市内で見かけた標識です。
逆光で少し見難いかもしれませんが、中央分離帯の上で地面とほぼ平行になっている細い棒が標識のポールなんです。

これを見たとき、『ああ、誰かが事故を起こして倒れたんだな』と思ったんですが、良く考えてみると変なんです。

と言うのもこの標識は、写真の右側から左側へ倒れていて、標識の表側が地面に向かい合っているんです。
写真の左側から来た車がこの標識にぶつかったのなら、標識は仰向けに右側に倒れているはずです。

つまりこの標識は、写真の右側から左に走ってきた車によってなぎ倒されたと言う事になるんですが、この標識が立っているのは中央分離帯の上で、標識のすぐ後ろには名古屋高速の橋脚があります。
普通に左側通行をしてきた車が、この標識をこう言う形でなぎ倒すと言う事は、ほぼ不可能な位置関係ですよね?

一体、ここでどう言う事故が起きてこの標識はこんな形になってしまったんでしょう?
とても気になります。

本日

本日、名古屋市熱田区のICメイツにてライヴを行います。
今回も楽しいライヴをお届けしたいと思いますので、ぜひ遊びに来てください。

あなたにお会いできるのを楽しみにしています。


本日のライヴも皆様のお陰で無事終了する事ができました。
今回のライヴは、これまでとは少し感じを変えてみたんですが、感想は賛否両論で、良かったのか悪かったのか、少し判断に困るところですね。
ただ、毎回同じでは面白くないですので、これからも色々と趣向を凝らして、来て頂いた全ての方に楽しんでいただけるようなライヴが出来るよう、頑張りたいと思います。

今後もよろしくお願いします。

☆★☆ Information ☆★☆

【ICメイツ アコースティックライヴ】
日時:2013年9月28日(土) 18時 Open 18時30分 Start
場所:ICメイツ
    愛知県名古屋市熱田区神宮3-9-18
電話:052-671-1158
料金:2000円(1ドリンク付き)

第50回

akizora

先日、ちょっとドライブをしてきたんですが、確実に景色が夏から秋に変わっているのを感じました。
ちょっと前までは、白っぽいような青の夏空だったんですが、空は抜けるように青くて高く、道端にはススキが生えていました。
この季節の空の色が僕は一番好きです。

そして昨日、週末のICメイツでのライヴの練習をして来たんですが、うっかり昼間の半そでシャツだけで出かけてしまって、少し寒い思いをしました。
ちなみに、サポートメンバーはしっかりと長袖のTシャツを着ていました。
僕は、まだ長袖Tシャツは用意していないんですが、そろそろ本格的に服を入れ替えないとダメですね。
今度の台風が過ぎたら、また少し季節が進むんでしょうね。

さて、Syncopation Communication第50回、本日公開しました。

ホームページの『Radio』のページよりお楽しみください。


☆★☆ Information ☆★☆

【ICメイツ アコースティックライヴ】
日時:2013年9月28日(土) 18時 Open 18時30分 Start
場所:ICメイツ
    愛知県名古屋市熱田区神宮3-9-18
電話:052-671-1158
料金:2000円(1ドリンク付き)

新しい島

new_island

【パキスタン南西部地震】死者208人に 州が非常事態宣言

地元警察によると、この地震で同州南部グワダル沖合の海上に高さ6〜9メートルの島が出現し、大勢の見物人が詰めかけているという。
(MSN産経ニュース )

大変な大災害で、被災された方はお気の毒なんですが、昨日の夜、テレビでこのニュースを見たときはかなり驚きました。
日本でも昔、地震によって昭和新山と言う新しい山が出来たわけですが、島が出来ると言うのはかなり珍しい事ですね。
現在、その島を遠くから眺めるだけでなく、実際にそこに行く人が後を断たず問題になっているみたいです。
まぁ、突然すぐそこにそんな物が出来たら、ちょっと行ってみたくなる気持ち、分からなくも無いですけどね。

ともかく、現地が一刻も早く復旧する事を願います。


☆★☆ Information ☆★☆

【ICメイツ アコースティックライヴ】
日時:2013年9月28日(土) 18時 Open 18時30分 Start
場所:ICメイツ
    愛知県名古屋市熱田区神宮3-9-18
電話:052-671-1158
料金:2000円(1ドリンク付き)

オノマトペ

onomatopee

オノマトペ(擬声語)とは、擬音語と擬態語の総称。擬声語を擬音語の一部とする文献もある。
(Wikipediaより)

別に何も意識することなく何気なく使っている擬声語ですが、世代間でその認識が随分違うらしいと言う記事を昨日読みました。
つまり、ある世代はこう言う意味、と言う共通の認識のある言葉が、他の世代には全く通用しない、と言う事が結構あると言う事ですよね。

そこでちょっと考えたんですが、もちろん世代間のギャップもあるでしょうけど、地域毎のギャップと言うのも結構あるような気がします。
ある地域ではこう言う状態の事をこう言うオノマトペで現すけど、別の地域では全く通用しない、と言うのは、世代間で分かり合えないということと同じくらいにある事なんじゃないでしょうか。
具体的にどう言う事があったか、イマイチ思い出せませんが、僕は大学に進学して京都で暮らし始めた頃、そんな事を感じた覚えがあります。

でも、自分はそうは言わないけど、他の人が言っているのを聞いて、『あ、それ面白いかも』と思ってまねして使っていた言葉はあった気がします。
本当に、具体的に何があったのか、すぐには思い出せませんけど。

例えば他の世代の人や他の地域の人に何かをちゃんと説明しなくてはいけないときにオノマトペを多用すると、自分の伝えたい事が間違って伝わってしまう可能性が高いと言う事ですし、気を付けなくてはいけませんね。


☆★☆ Information ☆★☆

【ICメイツ アコースティックライヴ】
日時:2013年9月28日(土) 18時 Open 18時30分 Start
場所:ICメイツ
    愛知県名古屋市熱田区神宮3-9-18
電話:052-671-1158
料金:2000円(1ドリンク付き)

鐘が鳴るなり

horyuji

僕は、テレビドラマはあまり見ない方なんですが、時々『これは面白いかも?』と思って見る事があります。

ところが、僕が見たドラマと言うのは、大抵の場合、一般的にはあまり人気が無く、せっかく見ていても友人と話が会わない事が多かったんです。
普段は見ていないので話が合わなくて、そう言う時は見ているのに話が会わないという残念な事になるわけです。

でも、今回『これは面白いかも?』と思ってみていたのは半沢直樹でしたので、大丈夫でした。
一昨日の放送が最終回だったんですが、面白かったですね。
まだ次がありそうな終わり方でしたので、続編を期待します。

さて、そろそろ次回の番組を作ろうと思いますので、メッセージ・テーマの発表です。

次回は9月27日です。
9月も終わりに近づいて、だんだん秋の深まりを感じるようになってきました。

秋と言えば、正岡子規の『柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺』と言う句が有名ですよね。
柿を食べると、その瞬間に法隆寺の鐘が鳴り、秋の深まりを感じた、と言う句なんですが、シンプルながら音の響きも良く、情景も頭に浮かぶ良い句ですよね。


と言うわけで、次回は

『鐘が鳴るなり法隆寺』

と言うテーマで、あなたが秋を感じるものや事に付いて書いてみてください。

あて先は

yagyu_shinya@yahoo.co.jp

です。

ホームページの『Radio』のページのメールリンクからメッセージしてもらえれば、あて先もタイトルも設定されます。

もちろん、テーマ以外の内容も大歓迎です。

あなたのメッセージ、お待ちしています!

柿食えば・・・

kaki

この三連休は、ずっと良い天気でしたね。

皆さんは楽しい休日を過ごされましたでしょうか。
僕は、三連休の初日はライヴ3本立てで楽しい一日を過ごしたんですが、2日目は自宅で地味な作業をしていました。
基本的にはそう言う作業は好きなので、つまらない一日では無かったんですけど。

さて、そろそろ次回の番組を制作しようと思いますので、メッセージ・テーマの発表です。

次回は9月27日です。
9月も終わりに近づいて、だんだん秋の深まりを感じるようになってきました。

秋と言えば、正岡子規の『柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺』と言う句が有名ですよね。
柿を食べると、その瞬間に法隆寺の鐘が鳴り、秋の深まりを感じた、と言う句なんですが、シンプルながら音の響きも良く、情景も頭に浮かぶ良い句ですよね。


と言うわけで、次回は

『鐘が鳴るなり法隆寺』

と言うテーマで、あなたが秋を感じるものや事に付いて書いてみてください。

あて先は

yagyu_shinya@yahoo.co.jp

です。

ホームページの『Radio』のページのメールリンクからメッセージしてもらえれば、あて先もタイトルも設定されます。

もちろん、テーマ以外の内容も大歓迎です。

あなたのメッセージ、お待ちしています!

フローラル・アート

P1000802

昨日は実は、RA272のミニカー以外にもう一つ、プレゼントを頂いたんです。
遠くからわざわざライヴを見に来てくださった方から頂いてしまいました。
ただ来てくれるだけでも本当に有難いのに、こんなものまで貰ってしまって良いのだろうかと思いつつ、せっかくのご厚意ですのでありがたく頂きました。

写真の花がそのプレゼントなんですが、実はこれ、生花を乾燥させて長くその美しさを楽しめるようにした『フローラル・アート』と言うものなんだそうです。
そう言う事にそれほど詳しいわけでは無い僕ですが、多分プリザーブド・フラワーと言うものの一種なんだと思います。

きっと窓辺に飾ったら、きらきらと光り輝くグラスの中で真っ赤なバラの花が映えるだろうなぁと想像したんですが、説明書を読むと、日光に当たると色が落ちたり花びらや葉が落ちてしまう事もあるので、直射日光には当てないように、と書かれていました。
ちゃんと説明書を読まなかったら、大変な事になるところでした。

と言うわけで、部屋の中でも直射日光の当たらない、日当たりの悪いところに飾る事にしました。
せっかくの花なのに、何だかちょっと勿体無い様な気もしますが、なるべく長く大切にしたいと思っていますので、そうするしかないですよね。

本当に素敵なプレゼント、ありがとうございました。
この花に見合う演奏の出来る、ミュージシャンになれるよう、これからも一層努力します。


☆★☆ Information ☆★☆

【ICメイツ アコースティックライヴ】
日時:2013年9月28日(土) 18時 Open 18時30分 Start
場所:ICメイツ
    愛知県名古屋市熱田区神宮3-9-18
電話:052-671-1158
料金:2000円(1ドリンク付き)

3本

20130921

今日はライヴが3本重なりました。

まず、毎月行っている柳ヶ瀬あい愛ステーションでのライヴ、2本目は柳ヶ瀬の地域振興を行っている人人の会の主催の柳ヶ瀬サンドと言うイベントのライヴ、最後は岐阜県関市のライヴハウス『Rock 'n' Roll Cafe』でのライヴでした。

今回のあい愛ステーションでのライヴは、いつもよりも1時間早い12時のスタートでしたので、いつもよりも1時間早く自宅を出発しました。
朝から良く晴れた空は抜けるような青で、ちょっと前までの少し白っぽい夏空では無くなっていました。

柳ヶ瀬に着くと、いつも利用している駐車場に向かったんですが、生憎今日は満車でした。
仕方が無いので近くの別の駐車場を利用したんですが、何となくいつもと違う事をすると言うのはゲンが悪そうで嫌でした。

準備をして、ちょっとリハーサルをすると、すぐにライヴの開始時間になってしまいました。
これはいつもの事ですが。

今回のライヴは、いつもとは少し変えてみました。
と言うのは、僕はいつも、曲間のMCをかなり沢山話すんですが、今回はほとんど話さず、必要な事だけを話すと言う事にしたんです。
何となくいつもとは雰囲気を変えてみたいと思ってやってみたんですが、やっぱりちょっと落ち着かない気持ちになってきて、ところどころで少し話してしまいました。
お客さんが楽しんでいてくれれば良いんですが、やっぱり話も聞きたいということであれば、次はもう少し話すライヴにしようと思います。

そして、柳ヶ瀬サンドです。

あい愛ステーションのライヴが終わったのが1時、次のライヴの集合時間は2時でしたので、片付けを終わらせるとほとんど余裕の時間はありませんでした。
本当はおいしいお好み焼きが食べに行きたかったんですが・・・仕方が無いですね。

ライヴ開始時間は2時40分と言う事だったんですが、サポートギタリストのギターの音がスピーカーから出ないと言うトラブルが発生して、何も出来ないままに時間が過ぎようとしていました。
これはまずい、と思って僕は、得意技のあれをやりました。
お陰でお客さんも集まり、良い雰囲気でライヴを開始する事ができました。

最初から最後まで楽しんでくださったお客さんも沢山いて、盛り上がるシーンでは盛り上がり、しっとり聞いてもらいたい歌はしっとり聞いてもらう事ができて、楽しいライヴになりました。

今日は柳ブラ(毎月第3土曜日に柳ヶ瀬の街で行われているイベント)の日でしたので、柳ヶ瀬サンド終了後、少し柳ヶ瀬を散策して関市に向かう事にしました。

大体このくらいでリハーサルに間に合うだろうと言う時間に岐阜市を出たんですが、何故か今日は岐阜市内も関市内も大渋滞で、全く動かなくなってしまう事もしばしばでした。

これはまずい事になった、と思って、サポートメンバーに連絡すると、『まだリハーサル始まらないから、ゆっくり来れば良いよ』と言われました。

少し安心しつつも、なるべく急いで現地に向かいました。

実は、Rack 'n' Roll Cafeは以前、客としてライヴを観に行った事があるんですが、会場にはビートルズの使用楽器が沢山、本当に山ほど飾られていて、その他の小物もロックンロールなイメージで、本当に良いライヴハウスです。
僕は以前、人のライヴを観ながら、ここでやったら楽しいだろうな、と思っていたんですが、思っていたよりも早く実現しました。
尽力してくれたサポートメンバーに感謝です。

会場に到着すると、ちょうどリハーサルが出来る状態になっていたので、すぐに楽器を用意してリハーサルを開始しました。
かなり良い音が出ていましたので、これは良いライヴになるだろう、と言う予感がありました。

ライヴハウスの良いところは、もちろん音響的な事もそうなんですが、それにも増して良いのは照明です。
あい愛ステーションにしても柳ヶ瀬サンドにしても、基本的には自然の明かりでライヴをするわけですが、ライヴハウスの場合は、スモークをたいてスポットライトやミラーボールを使って演出をしますので、楽曲のイメージが更に引き立つ気がします。
本当に楽しく、気持ちよくやらせてもらいました。

ライヴ終了後は、初めて聞いてくださったお客さんにもとても良かったと言ってもらえて嬉しかったです。
ぜひ、来週のICメイツにも来てもらえればと思います。
来週の方がもう少しのんびり、長く出来ますから、より楽しんでもらえると思います。

と言うわけで、ばたばたした一日でしたが、とても楽しく、充実した一日でした。

P1000801

この写真は、実は、Rock 'n' Roll Cafeのマスターに頂いたものです。
ホンダが初めて作ったF-1マシンRA272の1/20スケールのミニカーです。

マスターは、僕の歌をとても評価してくださって、今日の日の記念に、と言う事でお店の飾り物のミニカーを一つ下さったんです。
また是非やってもらいたいから、と言う事で下さったそうですが、こんなすごい物を貰ってしまって良いのだろうかと迷いましたが、せっかくのご厚意ですので頂く事にしました。
ダイキャスト製でずっしりと重く、コックピット内からエンジンルームまで細かく作りこまれたミニカーです。
大切に部屋に飾らせてもらいます。

と言うわけで、今日のライヴ、観てくださったお客さん、スタッフの皆さん、サポートメンバー、本当にありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。
記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 袋ラーメン
  • 袋ラーメン
  • 袋ラーメン
  • 袋ラーメン
  • カップラーメン
  • カップラーメン
Amazonライブリンク
楽天市場