Groovy Days

シンガーソングライター 柳生伸也のブログ。

2013年03月

県立岐阜商業

昨日はおにがしまでのライヴのため、午後2時ごろからテレビを見る事ができない状況になりましたが、ちょっと気になっていたのが、春の選抜高校野球大会です。
僕の出身地の岐阜県の代表である県立岐阜商業高校が準々決勝をかけて試合をする事になっていましたから。

昨日の朝のニュースで聞いた話によると、県立岐阜商業が選抜に出場するのは36年ぶりのことと言うことでしたし、ぜひ頑張って欲しいと思っていたんです。
36年ぶりって、ハレー彗星みたいですよね。

ただ、相手はあの大阪桐蔭高校ですから、きっとこれで県岐商の快挙も終わってしまうんだろうと思っていたんですが、ライヴ後にお客さんから県岐商が勝ったと教えてもらいました。
その人は『すごい試合だったよ』と言っていましたが、僕は八割がた負けると思っていたので、『へぇ、勝てたんだ』と言うのが正直な感想でした。

そして昨日、自宅に帰ってブログの更新等をして眠ったんですが、その前にちょっと、高校野球の県岐商の試合について調べてみると、かなり拮抗した試合だったんですけど、大阪桐蔭にラフプレーがあって、それが試合を決する要因になってしまったんですね。
勝利にこだわる気持ちはスポーツをする人は絶対に持っていなくてはいけないものですが、やっぱり安全を第一に、自制心を持ってプレーする事も大切な事ですよね。

昨年の春・夏を制した大阪桐蔭を破っての準々決勝進出ですし、県岐商には優勝を目指して頑張って欲しいです。

Syncopation Communication Live in おにがしま

IMG_8857

今日は、ずっと楽しみにしていた安城市のうどんおにがしまでのライヴの日でした。
よく晴れてとても穏やかな一日でしたので、会場に向かう道中もとても楽しい気持ちで運転できました。

お店に入って一通り準備を済ませた後、スタッフさんの好意で自慢のうどんとお寿司を頂きました。
こしのある麺と本格的な出汁のおいしいうどんとおいしいお寿司でした。

19時30分、1stステージが開始しました。
1曲目は、これまでとほんの少し構成とアレンジを変えた『君住む街を』でした。
これまでの演奏を聴いてくれた事のある人には何となくその違いが分かってもらえたかもしれません。
本当にほんの少しだけ原曲に近づけたアレンジに変えてみたんです。

『浅き夢見じ』・『青空』等、既に発売されているCDの収録曲とまだライヴ限定で聴いてもらっている楽曲、他のアーティストの楽曲のカバーとお楽しみのあのコーナーを挟んで、古くからの友人でヴォイス・パーカッショニストのぎみあとコラボレーションで1曲演奏しました。
彼は2ndステージにも登場してくれて、素晴らしい演奏を披露してくれました。
ぎみあ、本当にどうもありがとう。
IMG_3816


最後に『君が涙を流さぬように』を演奏して1stステージは終了しました。

5分程度の休憩を挟んで2ndステージです。

今回のセットリストは、前半の1stステージは少しゆったりとしたバラードを中心に構成して、後半の2ndステージはアップテンポなナンバーを中心にしてみました。
逆にするのが普通かもしれませんけど、だんだん静かになって終わるのって少し寂しくないですか?

最後の楽曲は、諸事情によりタイトルも内容もお話できないオリジナル・ソングなんですが、今日のライヴ終了後も、これまでのライヴでも、この楽曲は結構人気があってCDが欲しいと仰る方も多い楽曲ですので、なるべく早く音源化して皆様の元にお届けする事ができるようになればと思っています。

予定されていた全ての歌を演奏し終わって最後の挨拶をしていると、お客さんがBGMにあわせて手拍子をしてアンコールしてくれました。
本当にありがたい瞬間でした。

と言うわけで、当初は2曲アンコールにお応えして演奏しようと思ったんですが、『青空がもう一度聴きたい』と言うリクエストを頂きましたので、本編とは違うアレンジ・楽器構成で演奏しました。

今回のライヴも、観てくださったお客さん、会場設営や運営に尽力してくださったスタッフさん、素晴らしい演奏をしてくれたサポートメンバーのおかげで成功する事ができました。
本当にありがとうございました。

そして今日、ステージ終了後に決定した事ですが、8月17日(土)にまたステージをやらせてもらえる事になりました。
今回来られなかった方、ぜひ観てみたいと思ってくださる方は今のうちから予定を空けておいてくださいね。
次回は今回よりも更にパワーアップしたステージをお見せ出来るように頑張ります。

さらにずっと先のことですが、今年の12月21日(土)にクリスマス・ライヴを行うことも決定しました。
本当にかなり先の予定ですが、こちらも頭の隅にでも置いておいてもらえればと思います。

明後日からは4月ですが、4月・5月と徐々にライヴの予定が立ち始めていますので、どこかであなたにお会いできる事を楽しみにしています。

弦楽器と鍵盤楽器

instru
昨日、ライヴ前の最後の練習をサポートメンバーとして来ました。
これまでずっと同じような演奏をしていた楽曲についても、少し演奏法を見直したりして、より楽しんでもらえる様なアレンジになったんじゃないかと思います。
何でもマンネリは良くないですね。

ところで、昨日練習していて強く感じた事なんですが、ギターと言うのは本当に奥深いと言うか、色々な可能性を秘めた楽器ですね。
覚えたてのコードでジャカジャカ弾くだけの人ならどうかわかりませんけど、それなりに極めた人が弾くと、同じ楽器から出ているとは思えないくらいに色々な音色が出ます。
もちろん、エレキギターなどでエフェクターを使えば劇的に音色を変更する事ができますけど、そう言う変化ではなくて、奏法による表現と言うのが実に多彩な楽器だと思いました。

シンセサイザーだって、イニシャルタッチやアフタータッチで音量や音色を変更したり、ペダルやコントローラーで表情を付けることは出来ますけど、ギターの音色の変化と言うのはそれとはまた違った奥深さがある気がします。

以前僕は、たった一つの音しか出ないアコースティック楽器が何十万円、何百万円、下手をすれば何億円もすると言うのは非常にコストパフォーマンスが悪い、シンセサイザーなら数万円のものでもアコースティック楽器の何百倍も色々な音が出るのに、と思っていたんですが、やっぱりアコースティック楽器はアコースティック楽器の魅力があって、それなりの値段のものはそれなりの表現力を持っているものだなぁと思わされました。

とは言え、僕が一番好きな楽器は、やっぱりシンセサイザーですけどね。


↓一応、今日で最後です・・・。

☆ Information ☆

【おにがしま アコースティックライヴ】
日時:2012年3月30日(土) 19時30分〜
   (約2時間/途中5〜10分程度の休憩あり)
場所:うどんおにがしま
    愛知県安城市池浦町池東20-1
電話:0566-93-9797
料金:1000円

既にCD化されているオリジナル曲、未発表曲、カバー曲などを織り交ぜて、必ず楽しかったと満足していただけるライヴが出来ると思います
お誘い合わせの上遊びに来てください
お越しの際はなるべく早めに来て、お食事を先に済ませておくと思い切り楽しんでいただけます

あなたにお会いできるのを楽しみにしています

カワイイ

kawaii

日本最古の哺乳類化石、学名は「カワイイ」
朝日新聞デジタル 3月27日(水)17時31分配信
(イラスト:小田隆さん、兵庫県丹波市制作)

2007年11月に兵庫県篠山市の白亜紀前期の地層「篠山層群」(約1億1千万年前)から発見された化石が、哺乳類(真獣類)として国内最古で、新属新種とわかった。ネズミほどの大きさとみられ、地名や河合雅雄名誉館長の名前にちなんで「ササヤマミロス・カワイイ」の学名をつけた。


本当に『カワイイ』学名ですね。
ちょっと口が大きく裂けていて獰猛そうですけど、ネズミほどの大きさの動物と言う事ですし、可愛いと言えなくもないですよね。

白亜紀前期と言うと、比較的温暖な時期ですから、恐竜やワニなどの爬虫類が支配的地位にいた時代ですし、こんな小さな哺乳類は生き残るのが大変だったでしょうね。

でも、彼らが頑張って、知恵を絞って生き残ってくれたおかげで、今の僕たち哺乳類の反映があると思うと、このカワイイご先祖様に感謝ですね。


くどいかもしれませんが・・・

☆ Information ☆

【おにがしま アコースティックライヴ】
日時:2012年3月30日(土) 19時30分〜
   (約2時間/途中5〜10分程度の休憩あり)
場所:うどんおにがしま
    愛知県安城市池浦町池東20-1
電話:0566-93-9797
料金:1000円

既にCD化されているオリジナル曲、未発表曲、カバー曲などを織り交ぜて、必ず楽しかったと満足していただけるライヴが出来ると思います。
お誘い合わせの上遊びに来てくださいね。

あなたにお会いできるのを楽しみにしています

過保護

P1000710

僕は今、主にライヴ用にSHUREのSM58と言うダイナミックマイクを、デモテープ製作用にRODEのNT-1と言うコンデンサーマイクを使用しています。

SM58は本当に頑丈なマイクで、少々手荒く扱っても壊れる事はありません。
ライヴ用にいつも持ち歩いていますし、これまで何度も、マイクスタンドの上から落下したり、スタンドごと転倒してステージに激しく打ち付けられたりしていますけど、何の問題も無くいつも変わらぬクオリティーを保ち続けています。
音質もその丈夫さも、世界中で愛されているマイクですからね。

しかし、NT-1は本当にデリケートなマイクです。

1枚目の写真はNT-1を保管している様子です。
外からの衝撃が中のマイクに加わらないように、ケースの上にエアキャップで二重に包んでいます。
そう言う状態で機材を収納しておくケースの中にそっと仕舞ってあります。

P1000709

ケースの中にはビニール袋に包んだ状態でマイクを保管しているんですが、そのビニール袋の中には乾燥剤が入れてあります。
このマイクは衝撃はもちろんの事、湿気にも大変弱いんです。

湿度が低すぎると内部の部品のゴム部分などにダメージが出るなどと言う話を聞いたこともありますけど、ただのシリカゲルが入れてあるだけですし、その状態でこれまで問題が出た事も無いので大丈夫だと思います。

SM58と比べるとあまりに過保護な状態に見えるかもしれないんですけど、そうするにはそれなりの理由があるんですよね。
NT-1はSyncopation Communicationを収録するのにも使っているんですが、ヴォーカルだけでなく会話を録音しても良い音で録れていると思うんですけどどうでしょう?

テーマです

nemuru_neko

まだ3月だと言うのに、突然日本中で桜が咲き始めて驚きましたね。
どうも3月中に満開になってしまう地域が多いみたいですから、花見は早めに行かなければいけませんね。
僕もどこかへ行きたいなぁと思いつつ、思うだけで行かずに過ごす毎日です。

桜は満開でもまだ3月の終わりですから、少し肌寒いですし、特に夜桜見物に行かれる方は風邪など引かないよう、十分に温かい格好で行ってくださいね。

さて、昨日も書きましたが3月29日公開分の番組へのメッセージテーマです。

3月29日について調べてみると、『まりもの日』、『八百屋お七の日』などがあったんですけど、新印象派と言う絵画の流れを作ったジョルジュ・スーラの命日でした。

ジョルジュ・スーラと言えば、点描で描かれた『グランド・ジャット島の日曜日の午後』と言う絵が有名ですので、次回はそれにちなんで『日曜の午後は』と言うテーマで、休みの日の午後、のんびりするなら何がしたいか、をテーマに書いてみてください。
あなたのメッセージ、お待ちしています。

あて先は

yagyu_shinya@yahoo.co.jp

です。

ホームページの『Radio』のページのメールリンクからメッセージしてもらえれば、あて先もタイトルも設定されます。

もちろん、テーマ以外の内容も大歓迎です。

あなたのメッセージ、お待ちしています!

☆ Information ☆

【おにがしま アコースティックライヴ】
日時:2012年3月30日(土) 19時30分〜
   (約2時間/途中5〜10分程度の休憩あり)
場所:うどんおにがしま
    愛知県安城市池浦町池東20-1
電話:0566-93-9797
料金:1000円

既にCD化されているオリジナル曲、未発表曲、カバー曲などを織り交ぜて、必ず楽しかったと満足していただけるライヴが出来ると思います。
お誘い合わせの上遊びに来てくださいね。

あなたにお会いできるのを楽しみにしています

日曜日の午後は

Seurat01

今日は久々に雨が降っています。
これからしばらくの間で雨が降るのは今日だけみたいで、30日のライヴの日は晴れの予報が出ているので安心しました。
前回、おにがしまでライヴをした日は大雨で大変でしたから。

さて、そのおにがしまでのライヴの前日、29日は『Syncopation Communication』の公開日です。

そこで、メッセージテーマの発表です。

3月29日について調べてみると、『まりもの日』、『八百屋お七の日』などがあったんですけど、新印象派と言う絵画の流れを作ったジョルジュ・スーラの命日でした。

ジョルジュ・スーラと言えば、点描で描かれた『グランド・ジャット島の日曜日の午後』と言う絵が有名ですので、次回はそれにちなんで『日曜の午後は』と言うテーマで、休みの日の午後、のんびりするなら何がしたいか、をテーマに書いてみてください。
あなたのメッセージ、お待ちしています。

あて先は

yagyu_shinya@yahoo.co.jp

です。

ホームページの『Radio』のページのメールリンクからメッセージしてもらえれば、あて先もタイトルも設定されます。

もちろん、テーマ以外の内容も大歓迎です。

あなたのメッセージ、お待ちしています!

ツーリング

touring
僕がまだバイクに乗っていた頃、一番の楽しみは仲間と行くツーリングでした。
暑からず寒からずの今くらいの時期はツーリングにはぴったりの時期です。

ツーリングが他の旅行と違う点は、行き帰りのバイクの運転そのものを楽しむことで、行き先は別にどこでも良いと言う事です。
バイクで走ることその物がレジャーなんです。

一時期、バイク人気は下火になって、国内の販売台数もかなり減ったと言われていましたが、この頃また、大型バイク数台で列を組んで如何にもツーリングしていますと言うグループを良く見かけるようになしました。

以前は大型免許は試験場での一発試験のみでしたので、大変取得が難しかったんですけど、今は教習所で実技を終える事ができますから、比較的簡単になりましたし、若かりし頃の夢を今になって叶える中高年層がかなりバイクを買っているという話も聞いています。

体がむき出しの状態でかなりの速度で走りますから、バイクは危険性も高いんですが、ルールを守って安全に気を付けながら乗ればあれほど楽しい乗り物は他に無いというくらい楽しい乗り物ですからね。
特にコーナリングが上手く決まったときは最高に気持ちが良いです。
自分とバイクが一体となって走っている、と言う実感を持てる瞬間なんですよね。

楽しそうにツーリングしているグループを見かけると羨ましいなぁと思うと共に、どうか最後まで楽しく走りきれるよう、安全には気を付けて、無理をせず行って欲しいなぁと思う僕なんでした。


☆ Information ☆

【おにがしま アコースティックライヴ】
日時:2012年3月30日(土) 19時30分〜
   (約2時間/途中5〜10分程度の休憩あり)
場所:うどんおにがしま
    愛知県安城市池浦町池東20-1
電話:0566-93-9797
料金:1000円

既にCD化されているオリジナル曲、未発表曲、カバー曲などを織り交ぜて、必ず楽しかったと満足していただけるライヴが出来ると思います。
お誘い合わせの上遊びに来てくださいね。

あなたにお会いできるのを楽しみにしています

あい愛ステーション 2013.03

P1000708
今日は朝から天気も良く、柳ヶ瀬に向かう道すがら好きな歌でも口ずさみたくなるような絶好のライヴ日よりでした。

僕は、何故か今日は第3土曜日なんだと言うつもりでいたので、柳ヶ瀬に着いたとき、商店街に出店が出ていなくてびっくりしてしまいました。
第3土曜日は柳ブラの日と言って、商店街のアーケードの通りに沢山の出店が出て賑わっていますから。
よく考えてみると、今日は第4土曜日でした。

さて、今日のライヴはいつもとはちょっと違う事を色々と試してみました。

まず、今まであまりやったことの無い歌をいくつか歌いました。
お客さんの反応を見る限り、好評だったと思いますので、次回のおにがしまのライヴでもその歌は取り入れたいと思います。

そして、話し好きの僕は、一曲終わる毎にMCを入れてゆるゆるとライヴを進めてしまう癖があるんですが、今回は連続で歌うシーンを作りました。
緊張感が持続できてよかったのでは無いかと思いますが、問題は、譜面をめくる事ができないので、突発的に度忘れしてしまったら演奏に支障が出そうだと言う事です。
今回は何とか度忘れは無かったので大丈夫ですけど、もっともっと練習して、手に動きを覚えこませなければと思います。

おかげで、今回のライヴは1時間がいつもよりも早く過ぎたような印象があるんですけど、見てくださったお客さんにはどう言う感覚だったのか知りたいところです。
もちろん、直接聞く事はできないので無理なんですけど・・・。

と言うわけで、今回も見てくださったお客さん、会場をお貸しくださったあい愛ステーションのスタッフの皆さん、サポートメンバー、皆さん本当にありがとうございました。

次回は4月21日の13時からです。
ぜひ遊びに来てくださいね。

そして、ライヴ終了後。

ついでに名古屋のICメイツさんに寄って来ました。
全くついでではないんですけど、出かけたついでに、と言う事です。

僕が知り得る限り、一番近く一番安い有料駐車場に車を停めてお店まで歩いたんですが、以前通った道とは少し違う道を歩いてみる事にしました。

ICメイツさんは名古屋鉄道(名鉄)の神宮前駅のすぐそばにあるんですが、大通りから一つ入った細い道を歩いて行くと、名鉄の保線用資材倉庫のような物があって、大量の踏み切りの遮断機(竿なし)と警報機が置いてありました。
珍しいものだと思いますので写真に収めました。

今日、ICメイツさんに寄ったのは、5月11日に予定されているライヴのポスターとフライヤーをお店に置いてもらうためにです。
マスターとママさんが大変快く迎えてくれて、自慢のおいしいブラックコーヒーをご馳走になってしまいました。
岐阜から名古屋まで走った疲れが一気に吹き飛びましたね。
ありがとうございます、ご馳走様でした。

と言うわけで、今日は皆さんのおかげでとても良い一日を過ごす事ができました。

アポロ11号

apollo3

1969年7月16日、アポロ11号はサターンV型ロケットでアメリカのケネディ宇宙センターから月に向かって打ち上げられました。
打ち上げから2分30秒後、ロケットは高度約61kmに到達、サターンV型ロケットに搭載されていたF-1ロケットエンジンは数分間の燃焼を終えて大西洋に落下しました。

その発見はほぼ不可能と言われていたんですが、先日、あのアマゾンのCEOジェフ・ベゾス氏率いる探索チームによって深海から引き上げられました。
44年も昔の、ほぼ発見不可能と言われていたエンジンが今回発見されたと言う知らせには本当にロマンを感じますね。
apollo

以前、アポロは月へは行っていないんじゃないかと言う噂もありましたが、2012年にはアポロ11号が月面着陸した際に立てた星条旗が望遠鏡で確認されていますし、やっぱり僕はアポロは月へ行ったんだと信じたいですね。

ともかく、久々にわくわくするようなニュースでした。

打ち上げ前の1969年当時のF-1ロケットエンジンの写真も載せておきます。
apollo2


【柳ヶ瀬あい愛ステーション ライヴ】
日時:2013年3月23日(土) 12時〜
場所:〒500-8875
    岐阜市柳ケ瀬通2-17
    柳ヶ瀬あい愛ステーション
観覧無料

恒例のあい愛ステーション・ライヴは最もゆっくりまったり楽しんでもらえるライヴです
柳ヶ瀬でのお買い物のついでに楽しんでください

今回は12時開始です
お間違いの無いようお越しください
記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 長〜い友達
  • 長〜い友達
  • 長〜い友達
  • 長〜い友達
  • ドライブレコーダー
  • ドライブレコーダー
Amazonライブリンク
楽天市場