Groovy Days

シンガーソングライター 柳生伸也のブログ。

2010年03月

残念!

alto
以前にここで紹介した鍵盤ハーモニカですが、調べてみると、どうも音域がアルトみたいなんです。
僕が今使っている鍵盤ハーモニカは音域がソプラノですので、あの鍵盤ハーモニカだと使いたい音域とはちょっとずれちゃうんですよね・・・。
ルックスがめちゃめちゃいいだけにちょっと残念な感じです。
まぁ、実際に吹いたわけではないので、良いか悪いか分かりませんけど。
ひょっとしたら、音域の違うモデルもあるかもしれないし、その音域でも渋くていい音がするかもしれないし・・・。

とりあえず、今は購入を断念しました。

でも、まだ気にはなっているんですけどね。

多様性

tuna
クロマグロの国際商取引を禁止しようとしたモナコ提案は否決されましたね。

実のところ、クロマグロみたいな高級なマグロは、まず僕たちみたいな庶民の口に入ることはないので、どっちにしてもあんまり関係のない話かなぁと思っていましたが、国際社会は正しい判断をしたんじゃないかと僕は思います。
鯨漁が禁止されたとき、和歌山県の鯨漁師たちは職を失って大変な思いをしたわけですが、同じようなことを地中海のマグロ漁師に体験させることを回避したわけですから。

生物の多様性はもちろん大切なことだと思いますが、文化の多様性も同様に大切なものだと僕は考えています。
日本にはマグロや鯨を食べる文化があるんですが、鯨食の文化が生物の多様性を理由に潰されたのと同様にマグロ食の文化まで潰されては、あまりにも横暴だと思いますし。

自分たちが食べないから関係ない、自分たちの文化とは違う文化だから受け入れない、と言うのは現代の国際社会には合わないものの考え方だと思いますし、そう言う考え方から脱却することが、平和な国際社会の第一歩なんじゃないかなと思っています。

『しっかり』ねぇ・・・。

aimai
前にラジオでも話したことがあるんですが、僕は『しっかり』とか『きちんと』と言う言葉が嫌いです。

『しっかり責任を果たします』みたいな事を言う人は多くて、そう言えば何となく『何らかの責任を果たしてくれるだろうな』と言うイメージになりますが、その実、何をどう『しっかり』するのか全然分からないんですよね。

そうじゃなくて、『○○と言う問題がありますので、その件については△△と言う方法で原因を究明した上で××と言う方法で再発防止に努めます』と言って欲しいんです。

曖昧さというのは日本語の良いところだと思いますが、時と場合によっては、曖昧では駄目なこともありますね。

特に国のトップたちには、そう言う曖昧な言葉をなるべく使わないようにして欲しいなぁと思う僕ですが、僕の知る限り、『しっかり』や『きちんと』と言う言葉を一番使うのが政治家たちなんですよね。

海と炎

hohner
先日、楽器屋さんで見つけて、買おうかどうしようか本気で迷いました。
白鍵の部分が黒、そして黒鍵の部分が青もしくは赤になっている、めちゃカッコいい鍵盤ハーモニカです。
青いのが『Ocean』、赤いのが『Fire』だそうです。

最近はライヴで鍵盤ハーモニカを使っていますので、これは絶対ライヴにはいいよなぁと思ったんですけどね。
案外高いんですよ、鍵盤ハーモニカのくせに。

今かなり前向きに購入検討しているところですが、今使っている学校教材みたいなブルーの鍵盤ハーモニカもそれはそれで味があっていいと思っていますので、かなり迷うところですね。

妙に親近感

PC200
先日僕は、ペーパークラフトで『コマツ PC200』というパワーショベルを作りました。
とても部品数が多くて、また、あっちに折ったりこっちに折ったり、いろいろと細かな細工をしなくてはいけないモデルでしたので、初心者の僕には大変手間のかかる作業でしたが、出来上がった作品にはなかなか満足しています。

ところで今日、街を歩いていて何となく玩具売り場のトミカを見てみたら、そこに見覚えのあるパワーショベルがいるじゃないですか!
箱には『コマツ PC200』と書いてありました。
ボディーラインと言い、車体後部からちょこんと飛び出した排気口と言い、まさに僕が作った『コマツ PC200』そのものでした。

僕はそのミニカーに妙に親近感を感じて、思わず買ってしまおうかと思いましたが、どうせ買った瞬間にその情熱は冷めて、家に帰る頃には『何でこんな物買ったんだろう?』と疑問を持っているに違いないので、ちょっと後ろ髪を引かれながら売り場を後にしました。

そして今。

やっぱり買わなくて正解だったな、と思っています。

私、ハマってます

giyorgis写真はエチオピアのラリベラの岩窟教会郡の一つ、聖ギョルギス教会です。
岩を掘って教会を作っているので、別にハマっているわけではないですけど・・・。

今日の番組には、あなたが『ハマっていること』をテーマにメッセージをください。
最近始めた趣味からもう何年もずっとやっている趣味、ともかくあなたが一生懸命やっていることなら何でもいいので教えてください。
どうしてそれを一生懸命やっているのか、そのきっかけや魅力について語ってくださいね。

メッセージのあて先は

786@loveat.co.jp

です。

たくさんのメッセージをお待ちしています!


【放送終了後】
と言う訳で、やって参りました。

今日のテーマ『私、ハマってます』についてですが、こんなメッセージをもらいました。

私は今まで、しなくてはいけない事が多すぎて、自分の趣味と言える様な物を持つ事が出来ませんでしたが、もしも叶う事ならピアノが弾けるようになりたいです。
楽譜を読む事が出来なくても、ピアノを弾く事は出来るようになるのでしょうか?

僕は思うんですが、ハマっている事と言うのは、生活に関係のない、趣味的な物だけじゃなくてもいいと思うんです。
自分のために使う時間はなくとも、家族のために時間を使って来たと胸を張って言えるのであれば、それはとても素敵な事だと思うんです。
なので、そう言うコメントをした訳ですが。

そして、ピアノの件ですが、これは自信を持って『出来るようになると思います』と言えます。
なぜなら、僕も楽譜は読めない、音楽理論は分からない、コードも知らない、と言う状況から音楽を始めて、今では一応楽譜も読めるし、それなりに音楽理論も分かるし、コードも分かるようになって、一応は弾き語りが出来るようになったからです。
頑張って下さいね。

そして、こんなメッセージももらいました。

僕がハマっているのは『RadioLoveat』です。
元々ラジオが好きで、ローカル放送が好きだったので、地元のラジオ局であるRadioLoveatが出来た時から応援しています。

RadioLoveatみたいな局は、こう言う人の応援あってこそのラジオ局なので、本当に彼らの様なリスナーを大切にしつつ、まだ聴いてくれていない人にもリスナーになってもらえる様な楽しい放送、興味深い内容の番組を作らなくてはなぁと心から思いました。
頑張りますね。

さて、その他の意見としては、『ここ数十年、角ハイボールにハマっています』と言うメッセージももらいました。
僕は全くお酒が飲めないので、こう言う意見を聞くと純粋に『うらやましいなぁ』と思いますね。
カッコ良くお酒を飲める大人と言うのはあこがれだったんですが、あこがれがあこがれのまま大人になってしまいました。

また、『子育て奮闘中です』と言う意見もありました。
これもすごく素敵な事ですね。
少子高齢化の日本ですから、子育てを一生懸命してくれている若いカップルは本当に日本の宝だと思います。
頑張って下さいね。

『ほんのワンフレーズでもいいから各国の言語を勉強する事』と言うメッセージもありました。
その人は『言語全般』に興味があるんだそうで、日本語の奥深さを知る事にも没頭しておられるそうです。
これもとても大切な事ですよね。
言葉って毎日使う物ですけど、未だに間違った使い方をしている物や、本当の意味や魅力を知らない物もたくさん有りますから。
僕も言葉を商売にしている様な物なので、頑張って勉強したいと思います。

ところで僕ですが、番組で言うのをすっかり忘れてしまいましたが、ブログを読んで下さっている方はご存知の事かと思いますが、『ペーパークラフト』です。
ただ、このところは全く何も作っていませんけどね。
楽しいんです。

と言う訳で、今日も沢山のメッセージありがとうございました。
あなたの心に何か一つだけでも残る話が出来ていたらと思っています。
Syncopation Communication、お相手は柳生伸也でした。
次回は4月6日の19時にラジオでお会いしましょう。
新しいクールからは、時間が2時間早くなりますのでご注意ください。

バイバイ!

インドの笛

P1000038そのまんまです。
笛のかなり目立つところにぐっちゃぐちゃの字で『Made in India』と書いてありました。

ちょっと前に近所のディスカウント・ストアの『どれでも一つ50円』のコーナーで見つけて買いました。
50円だったら、どんな音がするか聴いてみるだけでも価値があるかなと思って。
ボディーなんか思い切り曲がってますからね。

マウスピース(と言うほどのものじゃなくて、ただの吹き口)の裏にマジックで『C』と手書きで書いてあったので、多分キーはCなんだろうと思って吹いてみると、案外綺麗な音が鳴りました。

そして、全ての穴を手でふさいで吹いてみると、穴を一つもふさがずに出したのと全く同じ音が鳴ったので、『ああ、やっぱりいい加減なものか』と思ったんですが、とりあえず一つ指を離してみると、いきなり音が1オクターブ下がって、そこから一つずつ指を離すたびに、それなりにしっかりした音程で音が1音ずつ上がっていきました。

もう一度、指で一つずつ穴をふさいで行くと、1音ずつ音程が下がって行って、全ての穴がふさがると、何故かまた1オクターブ上の音に飛んだんです。

試しに物凄く緩やかに小さな音が出る程度の弱い息を吹き込んでみると、意図していた1オクターブ下のCが出ました。
そして、その息を強くすると、音が1オクターブ上がりました。
つまりこの笛は、一番下の音を出すときはかなり注意して弱くやさしく吹いてやらないといけない、と言うことですね。

と言う感じでしばらく遊べたので、もう十分に50円分の元は取ったこの笛ですが、見た目が中々愛らしくて、部屋に飾っておこうかなと思っています。

あい愛ステーション その7

今日であい愛ステーションでのライヴももう7回目なんですね。
岐阜市の知り合いに進められて初めてあそこに行ったときは、その場所がどういうところかも知らなかったんですが、最近はすっかりスタッフさんとも顔なじみです。

今日も柳ヶ瀬は空いていました。
今、柳ヶ瀬は再生に向けてプロジェクトを開始したところですので、もうちょっと様子を見る必要があるでしょうね。

いつもは僕が弾くシンセはピアノの音に固定しているんですけど、今日は前々からいっていた通り、一つだけ違う音を使ってみました。
その音はエレキピアノの音だったんですが、なかなかいい感じになったんじゃないでしょうか?
たぶん、あの歌はこれからもエレキピアノの音で行きたいなぁと思ってます。

ところで今日は、前回に引き続き来てくださったお客さんもいて、本当に嬉しい気持ちになりました。
まだ全然有名じゃない僕の歌を好きだと言ってくれて、応援してくれる人の存在って、本当に心強いものです。
ありがとうございます。

ところで、今日は会場だけである重大な発表をしました。
まだちょっといろいろと条件があってここでは発表できないことですが、今後の僕の活動にとって、本当に後押しになるいいことがありましたので、ともかく今日、会場で話しました。

そのことについては、もうちょっとして色々なことが確定してきたら、ここにも書きたいと思っていますので、もうちょっとお待ちください。

と言うわけで、今日も見に来てくださったお客さん、本当にありがとうございました。
行きずりだけど時間の許す限り見てくださったお客さんもありがとうございました。

また、会場の使用、設営から撤収まで力になってくださったあい愛ステーションのスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

そして、今日も一緒に演奏してくれたメンバー、本当にどうもありがとう。

さて、次のあい愛ステーションでのライヴは4月3日(土)です。
この日岐阜市内では道三祭り(多分、岐阜市を居城にしていた斎藤道三の関係の祭りですよね?)の日ですので、多分柳ヶ瀬にも人がいっぱいいることでしょうし、もちろんあい愛ステーションも人いっぱいいると思います。
お祭りも見たいし、にぎやかなところでライヴも観たいと言う人はぜひ、次回4月3日に柳ヶ瀬あい愛ステーションにお越しください。

もう一つお知らせですが、再来週の日曜日、3月28日に岐阜県多治見市笠原町にある三千盛と言う酒造メーカーの新酒試飲会のイベントでライヴします。
この日は、入場料300円支払えば、銘酒と評判の三千盛が飲み放題ですし、僕以外にも3組のアーティストのライヴも見られます。
良かったら遊びに来てくださいね。
ただ、ライヴだけじゃなくて新酒を試飲したい方は車ではなく公共交通機関でお越しください。

詳しい情報はまたアップします。

邦楽の調べ

tmp-shamisen今日は僕と同じくRadioLoveatでパーソナリティーをしている葉月怜さんの三味線の演奏会があるというので聴きに行きました。

僕は『浅き夢見じ』などという歌を歌っている割には邦楽についての知識は全くありませんし、そういうものをちゃんと聴いた事がないので、いい機会だと思って。

実際に聴いてみると、邦楽は僕達が慣れ親しんでいる洋楽とは全く違うリズム感、音程で奏でられるので、本当に新鮮でした。
考えてみれば、日本人が日本の音楽を聴いて新鮮だと思うのはなんだか変な気もするんですけど、でも、そういう印象でした。

葉月さんは演奏会の最後のほう(最後の曲にも参加していましたが)で演奏されたんですが、さすがに三味線の先生をされているだけあって、そうではない他の演奏家さんの演奏とは一線を画していました。

僕は三味線というものをちゃんと聴くのは今日が初めてですが、それでもその演奏はこれまでの鍛錬の賜物というか、基本がしっかりあってこそできる演奏だなぁという印象だったんです。

音の出し方ひとつ、リズムの感じ方ひとつでも、素人の演奏とは違うなぁと。
もちろん、そう思って聴いている僕が一番素人なんですが・・・。

ともかく、いいものを聴かせて貰いました。

さて、明日は僕が頑張らないと!


【柳ヶ瀬あい愛ステーション ライヴ】
日時:2010年3月14日(日)
   13:00〜
場所:柳ヶ瀬あい愛ステーション

HID

P1000037HIDと言うのはHigh Intensity Discharge lampの略で、日本語では高輝度放電ランプと言います。
電極間の放電を利用しているので、フィラメントが無く、それまで主流だったハロゲン・ランプよりも省電力で高輝度なのが特徴です。

僕の車は、それ以外のことは大体全部気に入っているんですが、ヘッドライトが致命的に暗くて、そこだけが気に入らない部分でした。

と言うわけで、HIDに変えちゃいました。

以前はHIDのキットって2〜3万円していたので、ちょっと躊躇していたんですが、最近は非常に安くなってきたので、それも後押しして、安全のためにも交換する事にしたんです。
ハロゲンのランプでも、高性能な奴なら5000円くらいは軽くしますので、同じくらいの値段なら、って思ったんですね。

取り付けにはいろいろな加工が必要でしたので、思っていた以上に苦労がありましたが、ともかく交換完了です。
これで夜のドライブも安心です。

さて、することも終わったので、14日の本番に向けてちょっと練習しておきます。


【柳ヶ瀬あい愛ステーション ライヴ】
日時:2010年3月14日(日)
   13:00〜
場所:柳ヶ瀬あい愛ステーション
記事検索
プロフィール

shinya_yagyu

ギャラリー
  • プレオ LED化
  • プレオ LED化
  • プレオ LED化
  • プレオ LED化
  • プレオ LED化
  • マンガ
Amazonライブリンク
楽天市場