Groovy Days

シンガーソングライター 柳生伸也のブログ。

2010年03月

宮崎地頭鶏

P1000042
賞味期限が3月30日だったので、『もったいない』と思いつつも、賞味期限を切らしたらもっともったいない事になってしまうと思って、ついに食べました、『宮崎地頭鶏炭火焼』。
以前、このblogにもよく登場してくれるJackieナカモトさんからいただいたものです。

と言うわけで、昨日の夕食のおかずとしていただきました。
パッケージをそのまま湯で温めて、皿に盛り付けて終わりと言う、非常にシンプルな調理法でしたが、味は確かなものでした。

宮崎地鶏は、普通のブロイラーとは違って、歯ごたえもありますし、味もとても濃厚でした。
僕は、バターで炒めてあるんだと思っていましたが、原材料名を見ると『鶏肉(国産)、塩、こしょう、グルタミン酸Na』としか書いてなくて、多分、鶏肉そのものが持っている油だけであの濃厚な風味が出ているんだと思います。
さすがに評判の高い宮崎地鶏は違いますね。

Jackieナカモトさん、本当に、おいしいものをどうもありがとうございました。

実は、彼からはまだ『肉巻きおにぎり』もいただいていまして、こちらは賞味期限が4月の終わりですので、宮崎地頭鶏のように、もう少し粘って、もう食べなくちゃ悪くなっちゃう、と言う頃にいただこうかと思います。

優れたデザインは

katana
僕が大好きなバイクの一つに『スズキ GSX ○○○ カタナ』と言うのがあります。
○○○の部分には250〜1100まで、それぞれの排気量が入るんですが、その他の部分は全く同じです。

つまりこのバイク、排気量が250ccでも1100ccでも、名前もデザインもほとんど変わらないんです。
写真は一番小さい250ccなんですが、このままのデザインで1100ccのモデルもあるんです。
このバイク、実は1980年に発表されたデザインなんですが、今見ても全然古さを感じさせないですよね。

昔のメルセデスなんかも、1900ccのものも6000ccのものも同じデザインでしたけど、それでも不自然じゃないし、全部綺麗なデザインの車でしたから。
普遍的なデザインって言うんでしょうか?

優れたデザインは、サイズを大きくしても小さくしてもその大きさに合わせてちゃんと輝くものだと思いますし、そう言うデザインのものは時代を超越するものだと僕は思います。

音楽も多分そうですよね。
優れたものはどんなアレンジでも良く聴こえますし、時代を超越して輝きますよね。

僕もそう言うものを作りたいと思っています。

季節外れじゃない

P1000041
昨日、三千盛でライヴをしたときなんですが、会場は新酒の試飲会ということで多くの人が集まっていました。
食べ物の出店などもあったんですが、醸造工場の入り口にも一つ出店がありました。

一昨日のblogにも書いたんですが、笠原町と言う街は、もともとタイルの生産量が全国で1番の街で、もちろん陶器も盛んに作られる街だったんです。
最近は安い海外製の製品に押されて状況は厳しいと思いますが、それでも笠原町がタイルと陶器の街であることは間違いないと思います。
岐阜県の美濃地方の東部は、東濃地方と言われて、昔から陶器作りに適したいい土が取れる地方で、今でも陶器作りは盛んな地方ですからね。
その出店と言うのは、多分笠原町にあるどこかの窯元の店でした。

ちょっといい感じのマグとか花瓶とか、いろいろな商品があったんですが、僕が一番心引かれたのは、その隣にあった陶器のミニチュアたちでした。
僕はわくわくしながら眺めていました。

よくよく見てみると、そのミニチュアのほとんどがお雛様をモチーフにしたもので、僕には若干季節外れに思えたんですよね。
だって、つい先日桃の節句は終わったところで、どちらかと言えば今は、端午の節句をモチーフにしたものを売った方がいいように思いませんか?

そう思ったので、僕はそんな疑問を店番をしていたおばさんにぶつけてみました。
すると、おばさんは『この辺は、節句は旧暦でやるから、お雛様は4月の3日なんだよね』と言いました。

自分が子供だった頃の事を思い出してみると、確かに僕は、1ヶ月遅れで節句を祝ってもらっていた気がします。
だから、七夕の日には、あまり雨が降った記憶がありませんし。

僕は、すごく懐かしい気持ちになって、『そうか、そう言えばそうだったね、じゃ、季節外れじゃないんだ』と言って、中でも一番かわいらしいと思った小さなお雛様を買うことにしました。

と言うわけで、これからしばらく、旧暦の桃の節句の時期までこれを飾っておこうと思います。

と言うか、あまり季節感のない雰囲気のお雛様なので、ずっと飾っておこうと思います。

三千盛にて

P1000040
前々から言っていた通り、今日は岐阜県多治見市笠原町の三千盛にてライヴでした。

現地に着くと、想像はしていましたが、かなり強いお酒の香りがしました。
本当に飲めない僕はそれだけで酔ってしまいそうでしたが、好きな人なら本当にたまらない場所でしょうね。

会場は酒蔵の一角に作られたステージで、間接照明が本当にいい感じでした。
ただ、やっぱり酒蔵ですので、少し肌寒くて、見てくださったお客さんは辛かったかなぁと思いましたが、考えてみれば今日のライヴは新酒の試飲会の一環で行われたライヴでしたから、皆さんほろ酔い気分でそんなに寒くは無かったのかも知れないなぁと、今になって思っています。
ちなみに、しらふの僕たちは少し寒かったです。
出演者のギターの弦が寒さで収縮して切れたくらいですから、やっぱり寒かったんでしょうね。

僕のライヴは14時からで、今日のイベントの本当にラストくらいだったので、お客さんもほろ酔い、と言うよりかなり酔っていて、物凄く盛り上がりました。
ちゃんとわかって聴いてくれていたかどうかは分かりませんが、とにかくすごい盛り上がりで、やっていて楽しかったです。
僕の曲って、元々がちょっとしっとりしたのが多いですし、アコースティックならなおさらなので、どうかなぁと思っていたんですけどね。
有難かったです。

ところで、今日は僕以外に名古屋を中心に活躍するアーティストとして『櫻小町』と『あきいちこ』、東京を中心に活動する『らんこ。』の3アーティストが演奏しました。
どのグループも非常にレベルの高い演奏をしていたので、僕もいい刺激をもらいました。

さて、ライヴ終了後に、僕も1本三千盛を買ってみました。
もちろん自分のためではなくて、父へのお土産としてです。
普通のお酒と比べると若干高めなのでかなりおいしいんだと思います。
喜んでもらえるといいんですけどね。

と言うわけで、今日は楽しい一日が過ごせました。
今日のライヴを観て下さったお客さん、本当にどうもありがとうございました。
そして、いい場所を提供してくださった三千盛のみなさん、ありがとうございました。
僕のサポートメンバーとして、そして会場の設営から撤収まで頑張ってくれたゆきと、ありがとう。
サポートしてくれたよしたかも、本当にありがとう。
共演のアーティストのみんな、お疲れ様でした。

今週のライヴは終わりましたが、また来週の土曜日、4月3日には柳ヶ瀬あい愛ステーションでライヴします。
お近くにお住まいの方、お時間のある方、遠くに住んでいてあんまり時間もないという人でもいいので、可能な限り多くの方に見てもらえれば、と思っています。

本当かなぁ?

doku_gyoza今日、2008年に日本国内で中毒症状を出した中国産の餃子、通称『毒餃子』の事件の犯人が特定されて逮捕されたと言うニュースを見ました。
何でも、注射器を使って餃子に毒を混入したらしいんですけど、本当なんでしょうか?
その手法とか動機がいまいち僕には理解できないんですよね。

むしろ、毒は『犯人の手によって餃子に混入された』と言う事にして、犯人を特定することで、原料である中国産の農作物には『危険な農薬は使われていない』と言う事になるわけで、中国政府にとっては非常に利益があって、その動機も非常に分かりやすいと僕は思うんですが、どうでしょうか?
あくまで想像の域を出ませんが、その犯人と言われている人はスケープゴートのような気が・・・。

まぁ、そんな話はいいとして。

明日は、多治見市の酒造メーカーでライヴします。
こちらはもちろん全て国産原料のお酒ですし、製造も日本国内ですから、非常に安全でおいしいお酒のはずです。
僕はお酒が飲めないので、お酒のおいしいまずいは分かりませんが・・・。

笠原町は平成の大合併で最近多治見市に編入された街なんですが、タイルの生産が非常に盛んな街で、実は僕の出身大学の校舎の外壁に使われているタイルも笠原町で作られたものなんだそうです。
案外、皆さんの周りにあるタイルも笠原町で作られたものかもしれませんね?

それでは明日、お会いできることを楽しみにしています。


【ライヴ情報】
名称:三千盛 感謝祭♪芽生えて春の新酒
日時:2010年3月28日(日) 11:00〜
(当日は他のアーティストも来ます。僕のステージは14:00〜の予定です)
場所:岐阜県多治見市笠原町神戸2919
電話:(0572)43−3181

入場料300円を支払えば、三千盛の新酒を試飲できますし、オリジナルの杯ももらえるそうです。
また、新酒の試飲会ということで、現地には駐車場がありませんので、車でのご来場はご遠慮ください。

【公共交通機関案内】
JR名古屋駅より中央線多治見駅南口下車
バスターミナル2番笠原行き 笠原バス停下車 徒歩3分
バス発着時刻
多治見発 9.00, 10.00, 11.00, 12.00, 12.30
笠原バス停発 11.39, 12.39, 12.34, 14.24, 14.39, 15.39, 16.39

ケータイ

cell
携帯電話が普及してから、その使い方でトラブルが起きることが多いですね。
今日も山手線の上野駅で、電車の中での携帯電話の使い方を巡るトラブルで、殺人未遂事件にまで発展するような事件が起きたそうです。

以前に番組でも話したことがあるんですが、どうしてみんな、公共の場所で携帯電話で話している事をそんなに問題視するんでしょうね。
電車の中で数人で話している人のことはそんなに鬱陶しいとも思わないのに、携帯電話で話している人のことは、何でそんなに鬱陶しいんでしょう?

片側だけの会話しか聞こえなくて、話の全貌が分からないから嫌なんでしょうか?
それはつまり、普段は他人のことを無視して、なるべく無関心を装っているのに、実は他人のことが気になって仕方がないということでしょうか?

緊急性のある電話ならしてもいいけど、無駄話ならやめて欲しい、と思う人も多いんじゃないかと思います。

けど、その電話に緊急性があるかないかなんて、他人には分からないことだと思うので、とにかく僕は、他人がどこでどんな風に電話していたって、別に放っておけばいいと思っています。

ただ僕が思うのは、それでもやっぱり電車の中で携帯電話を使うことが気になる、鬱陶しいと思う人は結構いると思うので、電車の中ではなるべく自分ではかけない、かかってきた電話は『ごめん、今電車に乗ってるから』と言って切った方がいいでしょうね。

とにかく携帯電話で何かしていないと気が済まない『ケータイ・ジャンキー』になっている人を見かけると『そんなにせっせと携帯電話会社を儲けさせてやらなくてもいいのに』と思いますしね。

分かっちゃいるけど・・・

ramen
中部地区には、『麺・ご飯 大盛りでもお値段変わらず』と言うサービスをしている外食サービスのチェーン店があります。
ショッピング・モールなんかに良く入っている店なんですけど。

僕は、そんなにお腹が空いていなくても、その店で食べるときは思わず『どっちも大盛りで・・・』と言っちゃいます。
何かもったいないじゃないですか、同じ値段で量が倍くらい違うんですよ?

食べ始めると、『ああ、大盛りじゃなくても良かったな』って思うんですけど、ね。

でも、本当に『分かっちゃいるけどやめられない』なんです。

お酒飲めない僕ですけど

michi_sakari
どうも全くアルコールを受け付けない体質らしくて、僕はお酒が飲めません。

ラジオでも話したことがありますが、注射をする前にするアルコール消毒でも反応が出て、看護師さんに『柳生さん、ひょっとしてお酒苦手な方じゃないですか?』と言われた経験もあります。

そんな僕ですが、今週末の3月28日、岐阜県多治見市にある酒造メーカーの新酒の試飲会で歌うことになりました。
酒蔵の雰囲気と『浅き夢見じ』はよく合うような気もしますが・・・。

僕は、『浅き夢見じ酔いもせす』とか歌いながら、お酒の香りだけで酔っちゃうかもですね。

何にしても、そう言う僕ですので、自分から進んで酒造メーカーに行くと言うことはまず無いでしょうし、そう言うところで歌うと言うのもそうはない経験だと思いますので、楽しくやりたいと思います。

もしもお時間のある方、お近くにお住まいの方は遊びに来てください。

【ライヴ情報】
名称:三千盛 感謝祭♪芽生えて春の新酒
日時:2010年3月28日(日) 11:00〜
(当日は他のアーティストも来ます。僕のステージは14:00〜の予定です)
場所:岐阜県多治見市笠原町神戸2919
電話:(0572)43−3181

入場料300円を支払えば、三千盛の新酒を試飲できますし、オリジナルの杯ももらえるそうです。
また、新酒の試飲会ということで、現地には駐車場がありませんので、車でのご来場はご遠慮ください。

【公共交通機関案内】
JR名古屋駅より中央線多治見駅南口下車
バスターミナル2番笠原行き 笠原バス停下車 徒歩3分
バス発着時刻
多治見発 9.00, 10.00, 11.00, 12.00, 12.30
笠原バス停発 11.39, 12.39, 12.34, 14.24, 14.39, 15.39, 16.39

三千盛は、全国的にもかなり評価の高い日本酒なんだそうです。
僕も飲めれば飲んでみたいものですが、このブログの最初の方にも書いたとおり、お酒は全く駄目なので、家族や友人のためにお土産として買って帰ってこようかなぁと思っています。

たくさんの皆さんのお越しをお待ちしています!

ググれ・・・なくなる

google
Googleが、以前から宣言していた通り中国から撤退するらしいです。
中国では言論の自由が確保できないことがその理由なんだそうですが。

最近は、インターネットを通じたいじめやプライバシーの侵害なども問題になっていますので、インターネットで垂れ流される情報を『言論の自由』と言うのもちょっとどうかなぁと思う一面もありますが、基本的に、社会主義国では政府が情報操作をして国民に考える機会を与えないことが多いと思いますので、今回のGoogleの決断は英断と言っていいでしょうね。

Googleの決断を受けて、他の企業も同じように中国からの撤退を考え始めるかもしれませんし、中国としても今後の生き残りを考えるなら考え時かもしれないですね。

よいね

P1000039
先日、友人のライヴを観にとあるライヴハウスへ行ってきました。
とても雰囲気のいい店で、店内のBGMも僕好みでした。

壁一面にLPが飾られていて、その下の棚にはアーティスト名や年代で綺麗に整理されたたくさんのLPが置いてありました。
整理用のタグには結構気になるアーティスト名もありました。

壁に飾られていたのは、主に映画のサントラのLPだったんですが、CDじゃなくてLPなので、当然『名作』と言われる様な作品のものばかりで、それを眺めているだけでも結構楽しかったです。
100円払うと好きなレコードの1曲をリクエストできるそうですが、店内のBGMが十分気持ちよかったので、リクエストはしませんでしたけど。

そんなわけで、そんな良い雰囲気の店で友人の奏でる心地良い音に包まれて、その日は良い一日でした。
記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 風物詩シリーズ
  • 風物詩シリーズ
  • 来ない・・・
  • 来ない・・・
  • ループ
  • ループ
Amazonライブリンク
楽天市場