windows7が発売された日、秋葉原を初めとして日本各地の電気街で、それをいち早く手に入れようと行列した人がいましたと言うニュースを見ました。

そのニュースでは、実際にwindows7がどんなOSなのかと言うのを実演していたわけですが、一番のウリであるタッチパネルがうまく動作せずに出演者全員が苦笑していました。
電気街で行われたイベントでも、その機能はうまく動作しなかったみたいです。

でも、appleのiPhoneやiPodもそうですしニンテンドーDSもそうですけど、タッチパネルって実のところどうなんでしょう?
銀行のATMなんかでは馴染みがあって使いやすいと思いますが、自宅でパソコン操作をするとき、指先でモニターに触れるのって、ちょっと抵抗ありませんか?
指紋がべたべた付きそうですし、マウスならそんなに大きな動きをする必要は無いような動作でも、タッチパネルだと手を大きく動かさなくてはいけなかったり、作業の間中モニターに向かって手を上げていなくてはいけなくて、疲れそうな気がするんですけど・・・。
故障の原因にもなりそうですし。

結局、OSなんてアプリケーションが動くための土台みたいなものなんですから、見栄えがどうとか言う事よりも、ソフト自体の容量が小さくて、動きが軽快であることの方がよっぽど重要なような気がします。

と言うわけで、僕のwindowsパソコンはこれからもずっとXPのままのような気がしている今日この頃です。