ft86『ハチロク』と言えば、言わずと知れた『TOYOTA AE86』と言う形式のレビン・トレノの事ですね。
最近だと、しげの修一先生の『頭文字D』と言う漫画の主人公、藤原拓海の愛車として登場して、かなり古い車なんですが、高い人気を誇って中古車市場でも非常に高値になっている車です。

ハチロクは今ではもう国産車ではほとんど採用されていないFR(フロントエンジン・リアドライヴ)と言うレイアウトの車で、そのレイアウトのおかげで容易に四輪ドリフトをすることができるため、運転のテクニックを磨きたい人の練習用の車として、頭文字Dで再び脚光を浴びる以前から、車好きの間でずっと高い人気を誇っていた車でもあります。

さて、ずっと前、僕はトヨタとスバルが共同開発で新型スポーツカーを作ると言うニュースを聞いて、自分の番組でも紹介してしまったくらいにこの構想の実現を楽しみにしていたんですが、最近ようやく具体性を帯びてきましたね。

その車、まだコンセプトカーの段階ですが、その名も『FT−86』と命名されていまして、名車『AE86』の後継機だと言うことをアピールしています。
エンジンはスバル伝統の水平対抗エンジンが搭載されるそうです。

スポーツカー大好きな僕なので、この車が起爆剤となって、ミニバンばかりが売れている今のつまらない自動車業界が活性化したら、と思っています。
問題は、価格でしょうね。
そこそこの価格で無いと、買える人が限られてしまうので、なるべく低価格で発売してくれれば、と思っている僕です。

今後の動向に注目したいです。