Groovy Days

シンガーソングライター 柳生伸也のブログ。

好きな場所(京都)

shogun_duka
僕が大学時代を過ごした京都市で、一番好きな場所が写真の『将軍塚』です。
京都の学生が免許を取るとまず最初にみんなでドライブに行く場所です。
将軍塚は東山ドライブウエイの山頂にあるんですが、この道は二輪は通行禁止なので、車を持っていないと行けない場所なんですよね。

夜は写真のように京都市の夜景が一望できて、本当に綺麗なんですが、昼は昼でやっぱり京都市が一望できるので、これまたお勧めなんです。
上から見ると、意外と京都の街の碁盤の目はグネグネと曲がっていることに気づきますが、それでも整然と東西・南北にまっすぐな道が走っていて、良くこんなもの(の原型)を1200年も前に作ったなぁと感心すると思います。

他にも京都の絶景スポットと言うのはたくさんありますが、規模といい手軽さと言い、将軍塚に勝るものは無いかもしれません。
駐車場も、京都市内にしては珍しく無料ですしね。

京都市から見て、国道9号線を大津市方面に走って、名神高速の京都東インターチェンジの手前に東山ドライブウエイの入り口はありますので、京都観光の帰りにでも立ち寄ってみてください。

桃から生まれた

momotaro多分、たいていの人は『桃太郎』の話はそらで話せるんじゃないでしょうか?
話の上手い下手は関係なく、ストーリーだけなら、多分ほとんどの人はすらすらと話せると思います。

今日ちょっと気になったニュースがあって、それは、最近の子供はそれができないそうなんです。
『桃太郎』や『浦島太郎』みたいな、有名な童話のことをあまり知らないこともが増えているんだそうです。

その原因と考えられているのは、最近の親はそう言う昔ながらの童話の絵本を与える機会が少なくなったことなんだそうです。
確かに、書店なんかでもそう言う物語の絵本より、外国の色使いの綺麗な絵本とかのほうが中心的に扱われていることが多いような気がします。

ただ、日本の昔話には教訓などが含まれている事が多いですから、いわゆるおしゃれな『色使いの綺麗な絵本』を読ませるよりも、『古きよき日本の昔話』を読ませることは、小さな子供にとって意味のあることなんじゃないかと思います。

こういう傾向が少なくなっていくといいなぁと思っています。

さよなら、フロッピー

sony_fd2011年の3月末まででソニーがフロッピー・ディスクの販売を終了するそうです。
随分長い間、コンピューターの記憶媒体として使われてきたフロッピーでしたけど、終わりの時が近付いているんですね。

しかし、考えてみたら、僕が音楽製作に使っているMacは、随分早い時期にフロッピー・ディスク・ドライブが排除されましたから、その時からあまり使わなくなっていて、今ではウインドウズのコンピューターでも全く使ってませんけどね。

シンセサイザーには、データの記録用にちょっと前までフロッピー・ディスク・ドライブが採用されているものもありましたけど、最近は完全にSDカードなんかに移行してますからね。
最近は全く、フロッピーに触ってさえ無かったですね。

役割を終えて世界から消えようとしているフロッピーですが、昔は随分お世話になったので、ありがとうと言いたい気持ちです。

ロードスター

road_star
ロードスターと言うのは、つまり『オープンカー』と言うことです。
日本車だとマツダのロードスターが有名ですね。
ドイツのポルシェのボクスターは、水平対向エンジン(ボクサーエンジン)とロードスターを合わせた言葉なんだそうです。

今僕がとても興味を持っているロードスターは、アメリカのテスラ・モーターズが開発した『テスラ・ロードスター』です。

テスラ・ロードスターは動力がバッテリーとモーターの電気自動車なんですが、その実力は大したもので、1回の充電で走れる距離は380キロ、しかも、0→100キロ加速は3.9秒とポルシェ並みの性能なんです。
価格も1800万円とポルシェ並みなんですけどね。

僕がこの車に興味を持っている一番の理由は、この車が乗り物としての自動車の魅力を持っているからです。
最近開発されているハイブリッド・カーにしても電気自動車にしても、何と言うかただの『移動手段』と言う色合いが強くて、別にどれを選んでも大差ない感じで、面白みが無いと思うんです。
こういう車が登場することで、自動車業界全体にそう言う流れができてくれば、カッコいい電気自動車、遊べる電気自動車みたいなジャンルも確立されたらいいなぁと思ってます。

プレリュードやインテグラ、セリカやスープラ、レビン、トレノ、シルビアなんかのスポーツカーが、スポーツEVとして復活してくれたら嬉しいなぁと思っている僕です。

ACTIVEへGO!

active5月5日のイベントの詳細です。
新しくオープンした下呂交流会館『アクティブ』のPRイベントです。
多くの方にお越しいただければと思っています。

ライヴは14時〜15時の1時間程度です。
その他イベントとして、家族や友人同士で楽しめる『チャレンジ・グラウンドゴルフ』(料金)1ラウンド100円や3月27日のオープニング、28日のこけら落としの様子などの写真を展示する『アクティブ会館記念写真展』や『下呂市観光紹介DVD上映』などもあります。

【詳細情報】
日時:2010年5月5日 14時〜
場所:下呂交流会館アクティブ

アクセス
車の方:国道41号線を北へ(高山方面)向かい、下呂トンネルの手前「森」交差点を右折、合掌村を右手に見ながら約1分。左手の白い建物です。
電車の方:JR下呂駅前から路線バスで合掌村線に乗車約7分、下呂交流会館で下車。

下呂と言うと、この頃は金山町でのライヴが中心ですし、それ以前にも1回しか温泉に入りに行ったことはありませんが、さすがに名所と言うだけの事はあって、とても良い温泉でした。
その時は、下呂ラーメンと言うのを食べたんですが、ラーメンの具が野菜炒めという非常にボリューム感のあるものでしたし、もちろんとてもおいしかったです。

ただ、市の名前が『げろ』市なので仕方がないですが、食べ物に市の名前を冠すると、ちょっと食欲がそがれてしまうのは僕だけでしょうか・・・?
銘菓『下呂の香り』はかなりインパクトありますよね。
中身は普通のおいしい和菓子なんですが・・・。

わかっちゃいるけど・・・。

P1000054
先日、『ペットボトルの水は高い』と言う話を書いておいて、話に一貫性がないと言われそうな気もしますが、僕は外出時、結構な頻度で缶コーヒーを買います。

今日のブログにアップしたのは、WONDAに付いていたおまけです。
ただのミニカーやプルバックカーなら多分別に何にも気にしなかったと思いますが、パッケージに『四輪駆動で走る』と書いてあったのが非常に気になって、思わず買ってしまいました。

基本的に僕は、コーヒーは無糖しか飲まない事にしていますが、今回はこれ欲しさに微糖のを買ってしまいました。
無糖には付いてませんでしたから・・・。

どうせこんなの、今は嬉しがって買っても、家に帰る頃には『なんじゃこりゃ!』になってるぞ、と言う事はわかっているんですけど、どうしても『四輪駆動』の部分が気になってしまって買ってしまいました。

で、実際に自宅で走らせてみると、確かに四輪駆動で走ります。

机の上に置いて、車を後ろに引いて持ち上げてみてみると、前輪も後輪も回ってます。
こんなプルバックカー、初めて見たので、これはいい物を手に入れた、と(今のところ)思ってます。

多分今でもコンビニで売っていると思いますので、興味のある方は是非どうぞ。
僕が持っているのはトヨタのランドクルーザー40ですが、他にも4種類、全部で5種類ありますので、お好きな物を。

理想と現実

jutai
今日はSyncopation Communicationの放送日です。
いつものごとく、番組へ寄せてもらいたいメッセージのテーマですが、今回はゴールデンウイーク前の番組と言うことで、

『ゴールデンウイークの過ごし方、理想と現実』

でお願いします。
『本当はこうやって過ごしたい』と思っているのに諸事情で『こう過ごすことになりました』と言う話が理想的ですね。

実際、理想と現実が一致する人ってなかなかいないと思いますけど、そう言う羨ましい人がいたら、是非番組で自慢しちゃってください。
僕は・・・結構いいゴールデンウイークになりそうな予感があります。

もちろん、テーマ以外のメッセージもお待ちしていますので、どんな話でもどんどん送ってくださいね。
ラジオを通して、楽しい会話をしましょう!

メッセージのあて先は

786@loveat.co.jp

です。


【番組終了後】
今日もたくさんのメッセージありがとうございました。

今日のテーマ、『ゴールデンウイークの過ごし方、理想と現実』ですが、基本的には皆さん、まだ実際にはゴールデンウイークの過ごし方は決めてないみたいですね。

あと、『ゴールデンウイークなんて関係ない』と言う人もいました。
会社員や公務員、学生じゃないと確かにあまり関係の無いものですよね、ゴールデンウイークって。

ただ、多くの人の意見がそうでしたし、僕についてもそうですが、基本的には『理想的には海外旅行』、でも『現実は家で雑事』と言う感じですね。
また、他に出費の予定があるので『ゴールデンウイークは近場』と言う意見もありました。

『近くでいいから』と子供にせがまれるから、『近場の遊園地』に行くかも、と言う意見もありました。
僕も子供の頃はよく『どこか連れて行って!』と親にせがんでましたから、耳の痛い話ですね。

さて、僕の『ゴールデンウイークの過ごし方、理想と現実』ですが、理想は『オーストリアでモーツァルトの生涯を辿る旅』で、現実は『音楽製作とライヴ』です。
4月30日と5月5日にライヴの予定がありますので・・・。
5月5日の詳細についてはまたここに紹介させてもらいますね。

また、今日は久々に新曲を聞いてもらいました。
ちょっと甘酸っぱい、片思いの歌を作ったのですが、こちらもなかなか評判が良いようで嬉しく思っています。
いつかCD化してもっと多くの人に聴いてもらえたらと思っています。

と言う訳で、今日も聞いてくださって本当にありがとうございました。
あなたの心に残る話を何か一つだけでもできていれば、と思っています。
Syncopation Communication、お相手は柳生伸也でした。

次回は5月4日(祝)の19時にお会いしましょう!
バイバイ!

水筒を使いましょう

P1000053
僕は、練習や番組のとき、いつも写真の水筒に緑茶をいれて持参します。
ライヴのときは、時と場合によって使い分けますけど、それ以外なら水筒持参で行くことが多いです。

よくテレビなんかで安売りの店などが紹介されて『ペットボトル入りの2リットルの水が100円です、安いです!』なんてやることがあったり、節約術としてそう言う安売りのところでまとめ買いをしましょう、みたいな話をすることがありますけど、ペットボトルに入った2リットルの水が100円って、安いですか?

普通、どんな街でも水道水は1立方メートル(1000リットル)あたり60円〜70円くらいですから、ペットボトル入りのミネラルウォーターは1000倍くらい高いことになりますね。

水道水を飲むことのできない国や地域なら、飲料水が高いのは仕方のないことかもしれませんが、トイレを流す水でさえ飲用可能な日本においてミネラルウォーターを買うのって、本当にもったいないことだと思います。
それに、成分的には外国のミネラルウォーターよりも日本の水道水の方が綺麗なんですよね。

どうしてもそうするしか仕方がないときはペットボトルを買うのもいいと思いますけど、普段はなるべく水筒を使いましょうよ。

4月30日

gifu_castle
4月30日、岐阜市のキャスパーと言うライヴハウスでライヴします。
当日はアコースティック・イベントだそうで、他にも3〜4組のアコースティック・ユニットおよびシンガーが出演するそうです。

僕の出番は20時以降になる予定ですが、イベント自体は19時くらいからやっているそうですので、どうぞお越しください。

入場料1000円でドリンクは別です。
たくさんの方のお越しをお待ちしています。

キャスパーの所在地

アートではないと思います

ci_br_rio
最近、街角に落書きが描かれている事が多いですよね。
こんな所にどうやって描いたんだろうと思う様な所にも描かれている事がありますよね。

昨日、16日にリオデジャネイロのキリスト像の顔に落書きが描かれているのが発見されたんだそうです。
なんでも、オリンピックを前に修復するための足場が作られていたんだそうで、それを利用して描かれたんだそうですけど・・・。

よく、落書きをしている人は『これはアートだ』と言う事がありますが、他人の持ち物や文化財に断りもなく描いた物を『自分の作品』と言うなんて、どう考えても筋が通りませんよね。
僕は、誰かを幸せにするどころか、多くの人に不快感を与える落書きは、アートじゃないと思います。

同じ様な物を描きたいなら、自分の持ち物や自宅に描いて、それを他人に評価してもらえばいいんじゃないでしょうか?
記事検索
プロフィール

shinya_yagyu

ギャラリー
  • I'm Lovin' it
  • I'm Lovin' it
  • I'm Lovin' it
  • I'm Lovin' it
  • 火星大接近
  • 火星大接近
Amazonライブリンク
楽天市場