Groovy Days

シンガーソングライター 柳生伸也のブログ。

氷の世界

今年の寒さは 記録的なもの こごえてしまうよ
毎日、吹雪、吹雪

昨日、これからしばらくのライヴのためにサポートメンバーと練習をしていたんです。

夜の11時ごろに練習を終了して帰ったんですが、車に乗ってエンジンをかけて、走り始めたらフロントグラスに埃みたいなのがあって、何気なくウインドウオッシャーを作動させたんです。

水がフロントグラスを濡らして、ワイパーが動いて、いつもなら窓の汚れが落ちて終わりの予定だったんですが、窓を濡らした水がワイパーで延ばされた瞬間に凍って、一瞬にして前方視界がなくなりました。

フロントグラスに付いていた埃みたいなものが、実は凍った水滴だったと言うことに気づいたときには手遅れで、まだエンジンが温まっていないときだったのでデフォッガーを使うわけにも行かず、しばらくはほとんど前の見えない状況で車を走らせるしかありませんでした。
道路脇の温度計は、−2℃を示していました。

今晩から明日にかけて、強い寒気が日本付近に来るみたいです。
皆さんも気をつけましょうね。
車を運転する人は冬タイヤの準備をしたほうがいいかもしれませんね。

19日

急な話ですが、今週の土曜日、岐阜市柳ヶ瀬でライヴすることになりました。
翌日の20日には柳ヶ瀬あい愛ステーションでもライヴしますから、2日連続で柳ヶ瀬に行くことになりますね。

もしもお時間あったら遊びに来てください。

実は、企画名とか正確な場所は良く分かってないんですが、日ノ出町ということですのでおそらく旧長崎屋の近辺だと思います。

時間は15:30〜です。

それでは、19日にお会いしましょう。

難しい問題ですな

今朝のニュースでこんなのが気になりました。


ロシア極東で生まれ、知床など北海道で越冬する国の天然記念物の大型猛きん類のオオワシが、北海道せたな町の風力発電施設に衝突し、死んでいるのがみつかった。

風力発電施設に鳥が衝突する事故で、オオワシが死んでいるのが確認されたのは初めてという。

環境省などによると、11月24日正午頃、せたな町の海岸沿いにある電源開発が出資する「グリーンパワー瀬棚」運営の風力発電施設の敷地内で、体が切断されたオオワシを同職員が発見した。環境省釧路湿原野生生物保護センターで調べたところ、今年生まれた幼鳥で、死骸(しがい)の状態から風力発電施設の羽根に衝突したとみている。

鳥が風力発電施設の羽根に衝突する事故は「バードストライク」と呼ばれ、昨年には、岩手県の風力発電施設付近で、希少種のイヌワシの衝突死が確認されている。



風力発電は、今後増加の傾向にあるでしょうし、そうなると、こういう事故はもっともっと増えていくでしょうね。
環境に配慮して作られた風力発電装置が希少種の絶滅に一役買ってしまうというのは、何だか皮肉な話ですね。

しかし、ジェット機のエンジンに渡り鳥なんかが吸い込まれる事故を『バードストライク』と言いますが、風力発電装置の羽に鳥がぶつかるのも『バードストライク』と言うんですね。

思ったんですが、風力発電装置って、羽がむき出しで回っていることがそもそもの問題なんじゃないですか?

鳥が衝突しても羽に巻き込まれないようにするための、扇風機みたいなカバーが付いていれば、少なくとも死ぬ鳥は減るんじゃないかなと僕なんか思うんですけどね。

師走でござる!

さて、今日は今年最後の番組の放送日です。
そこで、今日皆さんから寄せて欲しいメッセージのテーマなんですが・・・。

今日は

『師走でござる!し忘れたことはござらんか?』

でお願いします。

今年は比較的暖かい日が多いので年の瀬と言う実感があまり湧かない気候ですが、確実に2009年も終わりが近付いています。
そこで、皆さんに『今年はできなかったけど来年はやりたいこと』や『今年中にどうしてもやらなくちゃいけないけどだまできていないこと』なんかを教えてもらいたいと思います。

僕は・・・番組で話しますね。

メッセージのあて先は

786@loveat.co.jp

です。

たくさんのメッセージをお待ちしています!


【放送終了後】
さて、番組終わりました。
更新が遅いのは、うっかりNHKの高専ロボコン関東甲信越大会を観てしまったからです。

今日の番組は、今年最後の番組でしたので、感慨も一入でしたね。
まだ12月の半ばなので、年末っぽい気持ちは一切ありませんけどね。

そのせいか、今日はいつもよりも更にたくさんのメッセージをいただいて、用意しておいた話をかなり割愛しました。
けど、その方がいいんです。
Syncopation Communicationは、僕とリスナーさんがラジオとメールで楽しい会話をすることが一番の目的なんですから。
今日は、初めてメッセージをくれた人もいましたし。

ところで、今日のテーマについてですが、し忘れたことは、それぞれでしたね。

まず、今年僕の歌のことを知って、一度ライヴを観てみたいと思いつつも遠いところに住んでいるからと言うことでまだ観られていない、と言うありがたい意見をいただきました。
いつか、あなたの街でライヴができるように頑張って活動しますので、応援しててくださいね。

そして、今年はやる事が多すぎて、恋をする時間が無かった、と言う話をしてくれた人もいました。
まぁ、恋なんて、タイミングですから、来年はひょっとしたら自分が手がけていること全て投げ出しても成就させたい恋に巡りあえるかもしれませんし、ね。
今手がけていることがうまく行くか、いい恋にめぐり合えるか、そんな2010年になるといいですね。

そして、昔テープに録音しておいたラジオ番組なんかをデジタル化する作業が途中で頓挫してしまっていると言う話を寄せてくれた人もいました。
確かに、磁気テープからデジタルデータを起こすのって、等速しかできませんから面倒くさいですよね。
ちなみに、あまり知られていないことかもしれませんが、今でも銀行や公官庁など、大量のデータを扱う大型汎用コンピューターでは、磁気テープでデータを保存することが一般的なんですよ?
普通のテープよりは随分大きなテープで、形も随分カセットテープとは違うんですが、保存性がいい事とビット単価が安いことで今でも使われているんです。
ああいう感じで、デジタルとアナログがシンクロして、データを書き換えられたら早くて便利でしょうね。

し忘れたこと、ではないけれど、物忘れをよくしてしまう、と言う話も有りました。
僕も良く物忘れ、と言うか、忘れ物をするんです。
たいていの場合は、絶対に無いと困るものを忘れて出かけてしまうことが多いですね。
そうなると最悪ですから、2010年は忘れ物の少ない一年にしたいです。

やってみたいけど、来年もできないかもしれないこと、と言うことで、僕が今番組をやっているRadioLoveatの全番組にメッセージを送ること、と言う話もいただきました。
それ、やれたらすごいですけど、なかなか難しそうですね。
そこまでは無理にしても、僕の番組には毎回メッセージしてくださいね。(笑)

さて、今日のメッセージでありがたいなと思ったのは、今年一年、僕の番組を楽しんだと言ってくれた人が結構いたことですね。
毎回、何とかみんなが面白いと思ってくれるような話をしようと、いつもかなり色々考えて番組を組み立てるんですが、その成果というか報いを受けたような気持ちになりました。
ありがとうございました。

また、今日は番組内でデモテープを紹介するコーナー、『こんなメロディーはどう?』の中で紹介してきた歌ばかりをかけたんですが、その歌を聴いて、その歌が紹介された頃にあったことに色々思いを馳せました、と言うメッセージを読んで、僕の音楽がその人の生活と共にあれた事を本当にありがたく思いました。
そんな歌たちが、CD化されて、もっと多くの人の人生の一部になることができたら、どんなにすばらしいことだろうと思いました。
そんなことに気づかせてもらえたメッセージ、本当に嬉しかったです。

そんなわけで、名残惜しいと思いつつも今年の番組は終了しました。
オープニング・コーナーの『しりとりトーク』も『イルミネーション』に到達して終われましたしね。
また来年は違う言葉からしりとりはじめたいと思います。

次回は1月5日の火曜日、21時です。

が、実は。

今日、新春特番への参加の誘いをもらいました。

ですので、次に皆さんに会えるのは、1月1日の午前11時です!
他のパーソナリティーさんと一緒に、午前11時から3時間の生放送に参加しますので、元旦ですがお時間が有れば可聴エリアの方はFMラジオを78.6MHzに合わせて下さい。

では、いつもの締めの台詞を。

今日はラストで『良いお年を』って言いたかったんですけど、あまりにギリギリ(残り2秒でしたから)まで話しすぎて、いつもどおり『バイバイ!』って言ってしまったので、こっちではちゃんと修正して。

それでは、今日も聞いてくれてどうもありがとう。
今年一年ありがとうございました。
あなたの心に何か一つでも残る話ができていたら、と思います。
Syncopation Communication、お相手は柳生伸也でした。
次回は2010年1月5日の同じ時間にお会いしましょう。

良いお年を!

頭文字D

inid01
風邪で寝ている間、部屋にあった『頭文字D』のDVDを観てました。
観ていたと言うか、それをかけながら寝てました。

僕はしげの修一先生の漫画がすごく好きで、昔、古本屋で買った『バリバリ伝説』に影響されてホンダのバイクに乗っていたくらい、影響を受けまくってました。

しかし、頭文字Dにしてもバリバリ伝説にしても同じことが言えるんですけど、話が進んでいくに従って、どんどんストイックにレースをする話になっていくのがちょっと、って感じです。
僕は、本当はそう言うレースの合間に見せる、主人公たちの何気ない日常みたいなシーンの方が好きなんですよね。
まぁそれもレースのシーンがあっての魅力なんだとは思うんですけど、ね。

それでも、何だかんだ言ってもしげの先生は一番好きな漫画家ですね。

ただ、風邪で寝てなきゃいけない時に、その部屋のテレビから激しい排気音やスキール音が流れてくるのはちょっと目の毒ですね。
影響されやすい僕は、自分の車でどこかへ走りに行きたくなっちゃうので・・・。

デザインとVTECのエンジンと独特の操舵系に惹かれて買った車ですが、頭文字D観てると『FR買えば良かったな』って思っちゃいますね。(笑)

段ボール自動車

P1000016
僕には甥っ子がいるんですが、その甥っ子のために父が作りました。
段ボールの自動車です。

僕がまだ子供の頃、やっぱり父はよく段ボールでこうやって自動車や家を作ってくれて、僕たちはそれでよく遊んでいました。
久々に父がダンボール自動車を作っている姿を見て、子供の頃のことをすごく鮮明に思い出しました。
この中に入ると、外の世界とは違う、自分の遊びの世界に入り込めるんですよね。

しかし、今回父が作った段ボール自動車、僕たちが子供の頃に作ってもらったものよりも随分綺麗にできているような気が・・・。

やっぱり子供よりも孫の方がかわいいって言うのは本当なのかなと思いました。

嫌でござるよ

QR_CODE
しつこいかもしれませんが、今日の画像も例のQRコードです。
この画像を携帯のカメラで読み取ると、レコチョクの僕のページを読み込むことができて、『青空』・『浅き夢見じ』・『君住む街を』の着うたフルがダウンロードできます。
まだしていない人はぜひやってくださいね。

(注)パケット通信料は別途かかりますのでご注意ください。


ところで、今日はこんなニュースを見ました。

オーストラリアのラッド首相は11日、日本の調査捕鯨に反対の立場を改めて表明し、「外交的に解決できなければ、法的手段をとる」と述べた。15日の訪日に先立ち、地元ラジオに語った。 現地からの報道によると、ラッド首相は「いわゆる『調査捕鯨』の根拠は受け入れられない」として、法的手段を「真剣に考えている」と強調した。

そう言えば、イギリスはシーシェパードが保有するイギリス船籍の船の船籍の抹消を検討しているんだそうです。
それは、彼らの行動が『テロ行為だ』と判断されたからなんだそうですが。
僕もこの意見には賛成ですね。
彼らの抗議活動は過激だし、実際にけが人なんかも出ているんですから。
人間の命よりも鯨の命の方が大切なんですよね、彼らは。

そう言えば、学生の頃に語呂合わせで覚えた年号1853年は『嫌でござるよペリーさん』でペリーの浦賀来航の年なんですが、その目的は何だったか覚えていますか?
そうです、捕鯨船の水と食料の補給のためです。
この頃、アメリカ人は鯨を獲っては油だけ使って他の部分は捨てていたんでしたよね。
だから、アメリカ人には日本人の捕鯨に対して文句を言われたくないと思ってます。

まぁ昔のことをがたがた言うのもなんですから、現在に目を向けて考えたいと思うんですが、それにしても、シーシェパードの過激な行動の(ある意味)おかげで、世界中の捕鯨に対する見方は少し変わっているように思います。
なので、僕が思うに、いくらオーストラリアが国際的な場所で法的手段に訴えたとしても、その捻じ曲がった理論が通用するとは到底思えないなぁと思っている僕なんです。

裁判員

QR_CODE
今朝、こんなニュースを見ました。

岐阜地裁で行われた裁判員裁判で、裁判員を務めた会社経営の男性(60)が10日、被告に有罪判決を言い渡した後の記者会見で裁判員制度について「徴兵制のように個人の自由を奪うもので気分の良いものではない。(裁判員を経験した)今でも反対。一刻も早く制度がなくなればいい」と述べた。

元々僕は裁判員制度には反対で、もしも自分のところに裁判員に選ばれた旨の書類が届いたら、絶対に面接で落ちるように無茶なことを言って、偏った考え方の人間だと思われるようにしようと思っているくらいです。
私はハムラビ法典こそ最高の法律だと思っています、とか。

裁判員の場合、終わってからも死ぬまで課せられる守秘義務がその経験者を一生縛るわけで、僕はそれが一つの足かせになっているようにも思います。
アメリカの陪審員制度にはそう言う守秘義務はありませんしね。

しかし、アメリカの陪審員制度にしても、個人の偏見や心情が裁判を大きく左右してしまうと言う欠点があるわけで、そのことについては随分長い間指摘しされてきたはずですが、何で今更日本はこんな制度を取り入れてしまったんでしょうね。
陪審員制度の問題点については、古いアメリカ映画の『アラバマ物語』にも描かれていますので、まだ観たことの無い人で興味のある人は観てみてもいいかも知れませんね。


はい、それでは今日もCMです。

僕の歌、『青空』・『浅き夢見じ』・『君住む街を』の3曲の着うたフルがレコチョクから配信されています。
良かったらこの記事のQRコードを携帯電話のカメラで読み込んで、ダウンロードしてください。

たくさんの方々に使っていただきたいと本当に願っています!

税金払えばいいんでしょうか?

QR_CODE
鳩山首相が、母親からの資金提供に付いて『貸し付けとは言えない部分がある』と言う事で、贈与を認めて未納分の税金を支払う事にしたそうです。
その額、約4億円だそうですが。

しかし、そもそも脱税するつもりで受け取っていたこのお金、ただ税金を支払ってそれで終わり、にしていいんでしょうか?
何だか納得が行きませんね。
母親も首相もその弟も、逮捕されるべきなんですが、国会議員の場合、非逮捕権と言うのがあるので、それは難しいんですが、少なくとも母親は逮捕すべきなんじゃないでしょうか?

まぁ、国会議員の非逮捕権と言うのもおかしな話なんですけどね。
犯罪行為をした人に国政を任せておく事なんて、本来はちょっと変な話なんですけどね。
逆に、国民の代表である国会議員が犯罪を犯した場合、一般人よりも重い罪が課せられるようにすべきなんじゃないかと思っている僕です。


さて、そんな話はいいんです。

僕の歌『青空』・『浅き夢見じ』・『君住む街を』のレコチョク配信が始まって、昨日は色々な人から『ダウンロードしました』と言う報告をいただきました。
本当にありがとうございます。
どの歌も心を込めて一生懸命作った歌ですので、皆さんが毎日使う携帯電話に入れてもらって、好きな時に楽しんでもらえると言うのは本当に嬉しい事だと思っています。

まだまだこれから頑張って行きたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。

今日もダウンロードの画面に直接行けるQRコードを載せておきました。
まだダウンロードしていない方は、携帯電話のカメラでこのQRコードを読み取って、ダウンロードページに進めば、レコチョクの画面で楽曲検索するよりは若干パケット代を節約できますので、どうかご活用ください。

配信開始しました!

QR_CODE
お待たせしました!

本日より『青空』・『浅き夢見じ』・『君住む街を』の3曲がレコチョクでダウンロードで配信開始されました。
早速皆さんにダウンロードしていただいて、着うた等に利用してもらえればと思っています。

よろしくお願いします。

この記事のQRコードを携帯電話のカメラで読み取れば直接アーティスト情報ページにアクセス出来ます。

携帯電話用ダウンロードURL(PCからはアクセスできません)
記事検索
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 12月の夜は
  • 12月の夜は
  • 12月の夜は
  • 12月の夜は
  • 絶滅危惧種 その2
  • 絶滅危惧種 その2
Amazonライブリンク
楽天市場